読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

ドラマ

【感想】『オロチの恋①/雁須磨子先生』―振りほどけない程の恋―

オロチの恋 (1) [著]雁須磨子 先輩の事あきらめなきゃダメですか―― 【評価/名作】内容・見所をザックリ言うと 押すことしか知らない不器用な片想いのお話 独特な世界観を持っている後輩と振り回される先輩 徐々に熱が伝わるような優しく淡い心の揺れ動きが…

【感想】『本日からの隣人愛/さがの先生』―恋の定義―

本日からの隣人愛【描き下ろし漫画付きパピレス限定版】 [著]さがの 昔っからお前には敵わん―― 【評価/名作】見所・内容をザックリ言うと 幼馴染同士の友情と恋愛の話 どこからが友情でどこからが恋なのかが繊細に描かれる 勃発する三角関係の行方にハラハラ…

【感想】『大人すぎるマイラバー/じゃのめ先生』―少年はやがて大人の恋をする―

大人すぎるマイラバー【電子限定かきおろし付】 [著]じゃのめ みんなみんな大人になっていく―― 【評価/オススメ】見所・内容をザックリ言うと ブラコン兄貴と大人びた元同級生の話 学生と社会人の違いを主として恋愛に絡めていく 孤独や焦燥感を描く等、恋愛…

【感想】『オレとアタシの新世界1/古宇田エン先生』―ずっとアナタを待ってる―

オレとあたしと新世界1 [著]古宇田エン ごめんね、アンタの信頼裏切って―― 【評価/名作】見所・内容をザックリ言うと 逞しく生きているオカマと人と関わろうとしないノンケの話 登場するキャラクター全てが生き生きとしていて素晴らしい 喜怒哀楽の表現が豊…

【感想】『On Doorstep/CTK先生』―最後の過ち―

On Doorstep【電子限定かきおろし付】 [著]CTK 卑怯だけど嫌われたくない―― 見所・内容をザックリ言うと 非行少年と元警官のお話 少年らしさ・大人の魅力が対極的に描かれる 全体的に漂うそれぞれの色気が素晴らしい!

【感想】『やたもも3/はらだ先生』―幸福の定義―

やたもも(3)【限定ペーパー付き】 [著]はらだ アンタ、幸せなのね―― 見所・内容をザックリ言うと モモ母との指輪を巡る話に決着を迎える モモがヤタちゃんに想いを打ち明けるシーンに注目! 充実した収録作

【感想】『やたもも2/はらだ先生』―愛憎の精算―

やたもも(2)【限定ペーパー付き】 [著]はらだ 我慢して笑うのやめろよ―― 見所・内容をザックリ言うと 相変わらずの微笑ましさとダークさを持ち合わせる漫画 モモの出生・過去が明らかになる 圧倒されるような人の闇の部分の描写

【感想】『二月のエデン/きゆひこ先生』―時間制限付きの恋―

二月のエデン [著]きゆひこ 俺も、ずっと、一緒にいたかった―― 見所・内容をザックリ言うと 偶然の出会いと運命の別れのお話 恋愛感情が芽生えたが故の悲劇的な内容 物語後半になればなる程、情景描写が神がかっていく

【感想】『なびかないにもほどがある/ここのつヒロ先生』―運命と偶然の違い―

たぶん俺は初めての恋をしている―― 見所・内容をザックリ言うと 恋に落ちた時、人はどう変わっていくのか変われるのかを描く物語 相手に想いを伝える言葉が歌のように洗練されている 読者を引き込ませる心理描写

【感想】『コヨーテ/座裏屋蘭丸先生』—引き裂かれても、惹かれ合う—

迷っているのはもう君だけだよ—— 見所・内容をザックリ言うと 人間と人狼による悲劇の物語 神話の如き圧倒的な画力 運命に抗う愛の形

【感想】『DOGS/里つばめ先生』—無骨な上司と部下の心変わり—

どーゆーつもりだ変態エリートめ—— 見所・内容をザックリ言うと 変態エリート上司と不器用野良犬部下の物語 ドSホモとS寄りノンケの恋愛模様 決して交わる事がなさそうな2人の結びつくシーンが秀逸

【感想】『ポルノグラファー/丸木戸マキ先生』―秘められた真実―

君に、失望されたくないんだ―― 見所・内容をザックリ言うと 大学生と小説家による予想もつかない物語 小説家のかつてない程の妖艶な魅力 現実的でシビアな結末

【感想】『アケミちゃん/丸木戸マキ先生』―片田舎の未来を繋ぐドラマ―

胸を張って生きたい―― 見所・内容をザックリ言うと 今を変えようとする男と今を変えられない男の話 希望の無い状況で二人が導き出した結末の演出が秀逸 愛の為に、失ったものとは?

【感想】『MODS/ナツメカズキ先生』―瘡蓋にもならない傷―

抱いてくれればここで楽になれた―― 見所・内容をザックリ言うと とにかくオシャレ・スタイリッシュなキャラクター トラウマを乗り越え、徐々に幸せに近づいていく物語 アダルティックな心理描写

【感想】『今夜、ミスターで/嶋二先生』―言葉よりも大事なもの―

俺は自分からじゃ行けない―― 見所・内容をザックリ言うと 幼馴染の大人の恋愛 一途に追い続けるノンケと、素直になれないホモの話 収録されているバーのマスターの話が秀逸

【感想】『やさしいあなた・・・/西田ヒガシ先生』―夢が現実に変わる―

紳士に愛されてる夢を一度くらい―― 見所・内容をザックリ言うと BL界最高峰のプラトニックラブ 映画のような見応えのある大人の恋愛 本当の自分と偽者の自分による葛藤

【感想】『かなしいどうぶつ/湖水きよ先生』―理性と本能―

俺はずっと動物でいい―― 見所・内容をザックリ言うと 譲る事のできない、信念と信念の物語 理性と本能の狭間ですれ違いを見せる恋模様 男らしい「潔さ」に惚れる

【感想】『ナチュラチュラリィ/市川けい先生』―終わりと始まり―

今まで全部一緒だった―― 見所・内容をザックリ言うと 恋心が芽生えるまでを描いた短編集 言葉と描写を織り交ぜた秀逸な心理描写は健在 表題作は双子の妹視点のかつてなかったであろう物語

【感想】『いつものふたりで。/鶏尾先生』―付かず、離れず。―

これが最後になるかもしれないのに――

【感想】『それに名前をつけるなら/鮎川ハル先生』―初恋は何よりも苦く―

俺は全部が欲しいから――

【感想】『来たる晴れかけの明日よ/上田アキ先生』―壊れる事のない世界―

背中を超えて心臓が、熱い――

【感想】『永遠のボーイフレンド/吉池マスコ先生』―支え続けるという事―

側に居られればそれでいいの――

【感想】『こっち向いて笑って/市川けい先生』―待つ辛さ、待たせる理由―

言葉の通りに受け止めてもいいんだろうか――

【感想】『野狐禅/蛇龍どくろ先生』―揺らぎの答えは何か―

想いを捨て去る勇気すら持ってないのに――

【感想】『魔法使いの涙/直野儚羅先生』―覚めている夢―

形あるものは必ず朽ちてゆくのだ――

【感想】『鴆-ジェン-/文善やよひ先生』―不条理で不自由な選択肢―

百毒を合わせた色、これはまるで――

【感想】『あさはらたそかれ/はやりやまい先生』―友情か恋愛か、選べ―

こんなに俺は不器用だったっけ――

【感想】『あいをあの世に置いてきた/殺生ヨネ先生』―真実の愛の定義―

あの声を、あの人を見つけないと――

【感想】『僕と嘘と狼少年/海野サチ先生』―相手を貫く“真実”―

人生が変わるような出会いなんてほとんどない――

【感想】『Loved Circus/朝田ねむい先生』―ようやく見つけた生きるための信念―

自分の人生を変えてしまおうとそう思えることがあったなら――

【感想】『鬼は笑うか/木村ヒデサト先生』―支え続ける、歩き続ける―

中学生の僕らには何もできないけど――

【感想】『未熟な楽園、或いは/kayama先生』―夢を失い、願いが出来た―

いつから失くしたのか古傷に刺さる――

【感想】『どこにもない国/草間さかえ先生』―近づいて離れて、思い起こす―

どこか一部分置き忘れてきたんだ――

【感想】『宇田川町で待っててよ。/秀良子先生』―何処にもない、手探りの恋物語―

てめーの百億倍かわいいわ――

【感想】『俺の人魚姫/雪居ゆき先生/ARUKU先生』―全ての片思いがやがて辿り着く答え―

海の泡になれないし、明日からもただ地味な生活が続いていく――

【感想】『3軒隣の遠い人/鈴木ツタ先生』―衝動と過ち―

終わらせるんだ、大丈夫。もともと初恋なんて実らない――

【感想】『やたもも/はらだ先生』―光輝と暗闇、その果て―

途中でいやだっつっても許さねーからな――

【感想】『いつか友達じゃなくなるとしても/カサイウカ先生』―罪か罰か、それとも―

ナイショでいい、ずっとそのまま――

【感想】『奪われることまるごと全部/阿部あかね先生』―心はずっと、アナタのモノ―

これはワナだ、わかっている――

【感想】『書店員のオススメは/黒沢椎先生』―夢は夢として繋ぎ続ける―

思い入れが未練だとしたら、もしかして――

【感想】『初恋は群青に溶ける/ゆき林檎先生』―隣に居る事、居させる事―

1年、早く生まれてくればよかった――

【感想】『フェイク・モンスター/風緒先生』―鈍感上司に忍び寄る部下の魔の手―

日課のセクハラです――

【感想】『スニップ, スネイル&ドッグテイル/ヤマシタトモコ先生』―ありのままを、恋愛日記に―

部屋ん中空っぽになっちまったな――

【感想】『いつもあなたの事ばかり/阿部あかね先生』―愛する人にだけ見せる顔―

お前を守るのは俺の役目だからな――

【感想】『好きというのになぜかしら/阿部あかね先生』―素直だから、素直になれない矛盾の感情―

俺を捨てたら店ごとブッ壊してやるからな――

【感想】『夜空のすみっこで、/ハヤカワノジコ先生』―どんなに遠ざかっても、星のように胸の中で瞬いている―

星の形をした鍵で消せない暗闇を閉じ込めたんだ――

【感想】『終わらない不幸についての話/緒川千世先生』―幸せの中、こぼれ落ちる涙の意味は―

自分では終わらせられなかったこの恋を、お前が終わらせてくれ―

【感想】『彼のバラ色の人生/秀良子先生』―中にある恐怖、外にある幸福―

ここで踏み止まらないと戻れなくなる――

【感想】『晴れときどき、わかば荘 まあまあ/羽生山へび子先生』―住人達が彩る非凡な愛の物語

優しい善人はいつだって孤独、だから強くなるのよ――

【感想】『晴れときどき、わかば荘 あらあら/羽生山へび子先生』―住人達が彩る非凡な愛の物語―

これ以上なにを、なにをあきらめればいい?――