読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『お前がバカを言いだす日には/日塔てい先生』―恋に駆け引きは必要?不要?―

recottia selection 日塔てい編1 vol.1

recottia selection 日塔てい編1 vol.1

 全部言っちまったもうダメだ――

f:id:hyo-ta:20160410143139p:plain

 

 

おーっほっほっほ!アナタ達・・・いつから1日1記事投稿と錯覚していたのかしらっ!?

今日のアタシはお仕事お休みなのよ!

 

次は日塔てい先生

「お前がバカを言いだす日には」

を頂いていくわ!

この作品で日塔てい先生の事を存じ上げて「please,marry me!!」も読破したわ。

共通して言えることはコメディ能力半端ないってことかしら。

それまでのアタシの中ではギャグ要素があって笑えるBLっていうと

彩景でりこ先生くらいかなーと思ってたんだけど(特にオススメなのが「傷だらけの愛羅武勇」、後日レビューするわね)日塔てい先生も本当に笑わせてくれるわ。

とは言ってもシリアスなシーンもきちんとあって、メリハリがよく効いてるお話が得意なのねきっと。

あとダレトクな事を言わせて頂くと、日塔てい先生って

 

AHE顔描かせたらBL界ナンバーワンだと思う。

 

・・・・場が静まっちゃったわね・・・

 

メンゴメンゴ☆

f:id:hyo-ta:20160410143121p:plain  

           

 

f:id:hyo-ta:20160410143138p:plain

 

この作品は表題作に出てくるキャラクターの短編も収録されているオムニバス形式で、その短編も表題作に負けないくらいのクオリティを持っているんだけど、今回はあくまで表題作をレビューしていくわね!

 

あらすじ

おまえになら処女をも捧げる覚悟なのにゴリラ呼ばわりってひどくねえ!? 航は、片想い中の後輩・慎太から衝撃な事実を打ち明けられる。 慎太相手ならネコでもいいと思うほど、一途に想い続けていた航にとって、 夢にまで見た告白だった。 しかし慎太の好みは背が低くて細身の男。 慎太より背が高くてがっしり男らしい体型の航はショックを受ける。 追い打ちをかけるように男を紹介しろと迫られ、キレた航は慎太を――!?

 

 

ここであらすじに触れたい所なんだけど、登場人物説明しないとちょっと理解しづらいわよね。

 

主な登場人物

航(表紙右)

高校時代から後輩の慎太を思い続けていて、その想いはずっと胸に秘めている。

その報われない想いからか、かなり遊び人でもあるがあくまで恋愛感情は慎太一筋。

男らしい性格でありながら乙女な所もある。

ゲーオタ。

慎太(表紙左)

航の高校時代の後輩、自由奔放でマイペース。

航がHO-MOであるという事は知っているが、理解のあるストレート。

仲が良いからか航とは先輩後輩関係というよりは友達のような距離感でいる。

空気が読めず、航と同じくゲーオタ。

この子マジでアタシに性格似てるわ・・・

航の友達。慎太へのグチと相談を聞いてくれる。

良平

航の友達。航を慰めてくれる。

 

まとめるとこんなトコね。

下の2人いらねーんじゃねえの?って思ったかしら・・。

この2人の物語も収録されているのよね。

正のお話は泣いたわ。

 

 

その話は置いといて、あらためてあらすじを見るともの凄い紹介文章よね。

まさにその通り、要点を捉えて下さった文章なんだけど

もの凄い濃いBLなんじゃねえの?

って思っちゃうかもしれないわね。

でもそんな心配はいらないわ。

漫画見るとあら不思議、変な嫌らしさが全くないのよ。

あ、発展シーンはちゃんとしてるわよ。

 

感想

見所は2人のケンカしてプレステ3の奪い合いをしているシーンね。

このやりとりだけを見ると、普段の2人のやりとりに過ぎないんだけど、ここでお互いが勢いではなく一歩を踏み出す重要な場面なのよね。

でも笑えてきちゃうのはさすが。 

 

絵もキレイ・キャラクターも活きていて◎。

日常だけじゃなく、いわゆる発展シーンまでの経緯もきちんと描かれていて、HO-MO目線でも全く違和感がないわ。

とにかく自然体なのよね。

HO-MO同士の恋愛ってほんとこんな感じじゃないかしら。

親友みたいで、それでいて互いに想い合ってっていう。

ただ今回のこのお話はあくまで相手はストレートだから、アタシの経験で計る事はできないんだけど、ぶっちゃけこういうのありえるのかもな~と関心したわ。

難しいと思うのよ。BLにおけるストレートの扱いって。

ストレートな男がが垣根を越えるにはそれ相応の理由があるはずなんだけど、そこを描かない作品結構多いのよね。

設定を練りきれてないというか、もしくはそれを活かしきれてないのか・・。

バツンとシーンが切れちゃってるようにアタシは感じちゃうのよね。

対してこの作品はコメディタッチが故に終始ライトに進んで行くんだけど、細かな所まで描かれて不満申し上げる箇所がないわ。大満足よ。

 

まとめ

発展シーンが結構リアルなので、入門書には不向きかもしれないわ。

初心者~読むべき漫画ね。中級者以上なら確実にオススメできるわよ。

少女漫画の如く、表情がイキイキとしていて悩み事があったり、落ち込んだりした時に是非読んで頂きたいわね。

f:id:hyo-ta:20160410143112p:plain

試し読み(RENTA)

 

電子書籍