ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『兄の忠告/朝田ねむい先生』切れる事のない兄弟の縁―

兄の忠告

兄の忠告

こんにちわ皆さん。

ウフフ。

今日もちゃんと死んだ魚のような目でお仕事なさってるかしら?

 

 

今日のBL漫画は朝田ねむい先生の

「兄の忠告」

を頂いていくわ。

久々に震えたわ・・・間違いなく名作よ。

このBL漫画に見えないこの表紙からして只者ではない匂いがプンプンするわね。

ちょっと硬派な小説にしかまず見えない。

こちらは単行本としては2014年01月29日に発売された作品なんだけど、朝田ねむい先生の処女作のようね。

それが原因で、あたしずっとお気に入りリストには入れていたんだけど踏み切れずにいたのよ。

BL漫画って賭けの部分あるじゃない?処女作だとなおさら・・。

買って読んだあと

 

f:id:hyo-ta:20160415125902p:plain

っていうもどかしいくもやるせない気持ちになるじゃない・・・。

 

でもこればっかりは仕方ない。

自分の勘をを信じるしかないわ!

あらすじ

唯一の肉親である兄が音信不通になって約10年。身寄りのないツヅキの生活は荒れ、悪友達とその日暮らしをするようになっていた。だが、そんなツヅキの前に兄・ハジメが突如姿を現しーー!?Canna作家陣から熱烈な支持を受けた鬼才の新人、笑撃のデビュー作!

 

・・・またヤンキーものですか?とお思いでしょう?

浅はかよ、貴女達!

これはBLにおける、そのジャンルに当てはめるのには相応しくないわね。

少年画報社の漫画並みの事してるもの。

そこも、この作品の魅力の1つね。

ちょっとハードボイルドテイストなのよ。

登場人物

兄の忠告

 

ツヅキ(表紙手前)

両親を亡くし、兄が失踪した事が原因で非行に走る事になる。

勝気な性格で生意気。

幼い頃に、兄の忠告を無視し自転車で怪我を負い、現在もその傷跡は残っている。

ハジメ(表紙裏)

ある理由により、ツヅキの前から姿を消す事になる。

ツヅキとは一回りも年齢が離れているため、兄でもあり父親のようでもある。

実はその正体は・・・。

 

こんなところね。

 

兄貴素敵☆弟萌えぽよ☆

ぶっちゃけ兄弟揃ってめっちゃかっこいい。

もうね、もうね。だめえええ!胸の奥がバクンバクンしちゃううううう!!

 

 

 

 

 

f:id:hyo-ta:20160415132707p:plain

 

ふう・・・冷静さを欠いちゃったわね!

感想

日常の描写も実にリアル。それでいて兄弟関係も本当にリアルなの。

非行行為・BL要素・ホームドラマ。この3点のレベルの高い設定と画力の高さが肝ね。全部素敵。キャラクターについては言わずもがな。

男同士の本来の関係性というか距離感に素晴らしく共感するわ。

勿論BL要素を排除した部分はだけど。

クソッ!こんな兄弟関係羨ましい!けしからん!

 

 

 

 

ただ読んでいて気になった事を言うわね。

その①

最初はやさぐれていて、長いこと会ってもなかった兄貴に対し何も感情を抱かない部分は分かるのよ。むしろ警戒してしまっているような感じかしら。

それを描ききっているが故に、その気持ちが解ける瞬間がちょっと短絡的じゃないかしら・・・と思ったわ。

あれじゃ兄貴の正体を知って心を許しました・・・みたいだもの。

初め読んだときは、正直次は何企んでるのかしらという印象だったの。

正体ってそんな心を許すような正体じゃなくってむしろ警戒すべきものだったじゃない。

そこの描写がザックリとないから、アタシ1ページ飛ばしちゃったかしら・・・と思ったわ。

 

その②

お話が短すぎるわ

編集の都合もあるだろうし、これは何も朝田ねむい先生が悪いわけではないし、他の作品にも言える事なのだけれど、少なくともアタシは表題作が読みたいわけよ。

もちろん素晴らしい短編もあるわよ?

でもね、表題作がメインであるべきじゃない?

この「兄の忠告」は例えるなら、カルピスを注文したら原液のまま出してきましたって感じなのよ。

濃いのよ?美味しいのよ?贅沢なのよ?

でももっと薄めていいのよ!!

少ないのよ容量が!!

引き伸ばしていいのよ!!

 

こういった声が多かったのか、そもそも没案として終わってしまったのかはわからないのだけれど、朝田ねむい先生自身のブログ上で続編や補足の漫画をアップロードしてくださってるのよ。

この方、神かしら。

これを見ないと完結しないわ。

というか後編の話に繋がらないのよ。

アタシ後編を見た時に、なんども見返したわ。そのストーリーがないから。

電子書籍にも落丁ってあるのかしらとさえ思ったわ。

是非読み終わった後、見た方がいいわよ。

これを読み終わってもアタシは正直足らないかったのよ。

これだけ面白いのに、もう終わっちゃうの?って。

贅沢な望みよね。ここまでやってくださってるのに。

まとめ

BLの入門書としてはちょっと違うかなーとも思いつつもオススメするわ。

発展シーンも少ないし。兄弟が居る方も羨望や共感する部分があるはずよ。

特に男性の読者にはオススメ。

むしろ男性にオススメするのはこの作品がぶっちぎりで1番だと思うわ。

f:id:hyo-ta:20160415135759p:plain

↓試し読み・レンタルはこちら(電子書籍)↓
兄の忠告

兄の忠告

兄の忠告

[著]朝田ねむい