読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『雷神とリーマン/RENA先生』―人と神様のお互いの心を埋めあう優しい物語―

雷神とリーマン【電子限定かきおろし付】

雷神とリーマン【電子限定かきおろし付】

男が男を好きになるんがおかしいなら何で神サンはこんな気持ちが生まれるように作ったん――

f:id:hyo-ta:20160512121257j:plain

こんにちは、氷太だお。

今日はRENA先生のBL漫画

「雷神とリーマン」

を頂いていくわね。

コメディ要素しかないんだろうな・・・と買った時は思っていたわ。

アタシもまだまだね。

この作品はガチのガチのガチで名作よ。

元々この作品はpixiv内で連載されている作品で、続き物になっているわ。

続刊が出るのは間違いないわね。

あらすじ

大村は失恋を機に色事から遠のき、日々を味気なく過ごしていた。いつものように仕事に疲れ自宅へ戻ると、部屋の中にフワフワ浮遊する不審者を発見。不審者曰く「神でいるのが嫌になった。お前、俺を人間にしろ」事態が飲み込めぬまま大村の疲れは極致へ達す…! 嘘か真か神とリーマンのシェア生活、はじまりはじまり。

こんな感じのお話ね。

色物な設定である事は否めないわ。

でもこの設定でなければ描くことのできない物語になっているの。

登場人物

大村(表紙右)

社畜リーマン。

日常のストレスから胃がやられている。

報われない思いを抱えていたため、1人でいる事に慣れてしまっている。

うーんアタシみたい☆

雷遊(表紙左)

雷の神様。

果てしない時間を1人過ごし、世界を観察してきた。

人間に対して興味を持ち、人間になりたいと願う。

神様のスペックを活かしたチートオブ男前

感想

誰にも言えない感情を抱えた人間と、人間になりたいと願う神様のお話。

この2人が自然と変化していく部分が主な物語となっているわ。

2人とも違う形ではあるけれど、それぞれ答えの出ない真理や孤独を抱えた存在であってそれをお互い埋めていくの。

何かが欠けている人間だからこそ言える台詞や、神様だからこそ言える台詞。

それを説得力のあるシリアスなシーンだけに活かしているんじゃなくって、コメディ要素に活かしててバッチリ笑えるわ。

哲学的であり、ほのぼのと、じんわりとくる物凄く緩急のあるストーリーになっているわね。

こんなに笑ってしんみりする作品、他にないわよ。

個人的に見所は、大村が仕事していて休憩中

「雷遊・・・・」

とボソっと呟いた後のシーン。

BL至上最高に男前な登場をこの神様は行います

キャラクター

凄く良い。

大村はまさに、現代社会を生きている人間の象徴そのもの。

日々を精一杯彼なりに生きている事が伝わってくる。

雷遊はまさに、神様らしいキャラクター。でもご飯食う時めっちゃかわいい。

相性が凄く良いキャラになっているわ。

全体的に線が太いし、後半の昔話だけはクオリティが下がっているけども、基本的にはキレイ。

発展

神様相手にあるわけないでしょう!?バカなの!?

って意思が伝わってくるほど皆無。

だが胸キュンさせてくれる描写はある。

全く焦らしおって・・・けしからん(小声

まとめ

はっきり言って「このBLがやばい」に選出されなければおかしい作品だと思うの。

発展描写がないから、そこのみを追及する方には向いてないけどストーリーやキャラクター重視の方は絶対に買った方が良いわよ。

これも、腐堕ちさせたい相手がいるならオススメの作品ね。

f:id:hyo-ta:20160410143123p:plain

関連記事