読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『僕の先輩/羽生山へび子先生』―共に居て、共に変わる―

僕の先輩

僕の先輩

僕ぁ愛のハゲタカだよ!!先輩が消耗するの待ってるんだ!!

こんにちは、氷太よ。

今日は羽生山へび子先生

『僕の先輩』

を頂いていくわね。

この表紙はデフォルメされた絵であって、中身はかっこよくなってるわよ。

ちなみにこの漫画がデビュー作みたい。

ここから羽生山先生の歴史が始まったのか・・・・。

いや~もうすっかり氷太ファンになっちゃった。

前にレビューした作品がこちらね。

名作と評価させて頂いた『晴れときどき、わかば荘』

2冊に別れてる漫画なんだけど、どちらもとっても素晴らしいお話でした。

BLに偏見を持っている人間に見せてこう言ってやりたいくらい。

「この作品を読んでもまだ偏見を持ちますか?」とね。

BLの枠から飛び出たとてもヒューマニズム溢れる物語だったわね。

 

そして今回の『僕の先輩』を読んでまず思ったことは

 

羽生山先生を産んでくださったお父さん、お母さん

f:id:hyo-ta:20160629193623p:plain

 

本当にどうもありがとうございました

f:id:hyo-ta:20160629193715p:plain

 

やっぱりこの人は本当に凄い・・・!

今回のお話は、高校生のお話になるわ。

なので色々と経験を重ね大人になったからこそ説得力を持つ、「魔力のように力強さを持った言葉」は今回あまり出てこないわ。

その代わりに気持ちを伝える事、バイタリティ溢れる行動を直球にする事によってコミカルにほのぼのと、そして青春溢れる物語になっているわね。

あらすじ

自称・愛のハゲタカこと飴宮はじめは、学校中から恐れられている先輩、二宮三郎に猛烈アタック中。
ハイエナよろしくつきまとうはじめに ウンザリ顔の三郎だったが一途で真っすぐな体当たりの告白に
気持ちはガッチリ仕留められた!?

笑って、ヘコんで、ご飯食べて、一緒に過ごした今日はとっても幸せだ!

羽生山へび子(「はぶやまへびこ」と読みます)初のコミックス登場!!

こんな感じね。

この先輩のキャラは、設定だけなら他のBLにもいるにはいるけど、この飴宮はじめのキャラクターが凄まじすぎるww

こんなヤツ見た事ねーよ!!色々とぶっ飛んでる子。

物語は日常を切り取ったありがちなお話に留まらず、その平凡な日常が最たる幸せである事を気付かさせるような奥の深いお話になっているわ。

登場人物

僕の先輩

 

飴宮はじめ(表紙左)

ロマンチストでもあり、乙女でもある。

その反面、行動力に関しては誰よりも男らしい・・!

とある事件から救ってくれた二宮先輩に恐れずアタックしていく。

二宮三郎(表紙右)

はじめの高校の先輩。

素行不良ではあるものの、根はぐうの音も出ない程の聖人。

1人暮らしでもあり、大人びている。

感想

ガチで全部が激良いスティックファイナリアリティドキドキドリーム。

見所は・・・というか見ざるを得ないんだけど、浮き足立ってるはじめと冷静な二宮先輩の組み合わせによるやりとりが最高すぎるわ。

はじめのノリがちょっと、いやかなり特殊で昭和な匂いがほのかに漂ってきて笑える。

とにかくウザイんだけど憎めない愛されるキャラクターだと言ってもいいわね。

f:id:hyo-ta:20160629204703p:plain

『晴れときどき、わかば荘』の、この本持ってる「あゆ」というキャラクターが好きな人は絶対にはじめにハマる。

逆にはじめにハマるとこの「あゆ」にハマるわね。

 

そしてこの二宮先輩の言葉で語るというよりも、行動や背中で語るって感じが・・・。

もう・・かっこよすぎなんですけど。

生まれ変わったら二宮先輩になりたい・・・。

 

 

え?氷太の来世は虫ですか?

そうですか。大変失礼致しましたコノヤロウ!

 

まあでも1個だけ二宮先輩に対しツッコミを入れたいのが

 

 

 

家だけじゃなく外でもシャツをはだけ過ぎだ。

ボタンをあと2つだけ締めようか。お兄さんとの約束だぞ!!

f:id:hyo-ta:20160629205734p:plain

 

物語は主にはじめの感情が描かれて、間間に先輩の心理描写やセリフが挟まれる事が多いんだけど、そこに見える幸せの形が物凄いエネルギーを持ってこっちに伝わってくるわ。

だけど、描かれるのは何も良い事だけじゃないの。

恋愛モノだから葛藤だったり不安だったりもあるわけよ。

ただこの部分に関しては、その抱いている理由、そしてどういう行動を起こすのか真理を突いているんだけど、優しく優しく傷として見せないようにオブラートに包まれていて本当にほのぼのとした世界観が壊れないようにしているわ。

この作品の1番凄い部分がここだとアタシは思うの。

 

 

ぶっちゃけね、この漫画読んでると皆こんな反応になると思うのよ。

 

―序盤―

なんだコイツら!!

おもしれー!!

f:id:hyo-ta:20160629211146p:plain

 

―中盤―

おいおい・・・この物語は

どこ向かって走って行こうとしてんだよ・・・

f:id:hyo-ta:20160629210811p:plain 

 

―後半―

今までのは全て布石だったというのか・・・。

f:id:hyo-ta:20160629210956p:plain

 

―読み終わった後―

へび子、抱いてくれ。

f:id:hyo-ta:20160629211418p:plain

まとめ

物語重視の人でも満足させる事のできるクオリティを持ったほのぼの日常漫画。

いやこの漫画のおかげでむしろ、日常を取り扱っているからこそ物語に濃さが生まれる事もあるって気付かされたわね。

優しさで溢れたこの世界観、全ての人に見てもらいたい。

f:id:hyo-ta:20160606124330p:plain

今回の漫画

 

関連作品

 

   「羽生山へび子」カテゴリの関連記事

 

   「名作」カテゴリの関連記事

 

   「ほのぼの」カテゴリの関連記事