読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『きゃっつ~四畳半ぶらぶら節~/羽生山へび子先生』―江戸び~える浪漫譚―

きゃっつ 〜四畳半ぶらぶら節〜

きゃっつ 〜四畳半ぶらぶら節〜

 このガキ俺に預からしちゃくんねぇか――

f:id:hyo-ta:20160718134821p:plain

こんにちは、氷太よ。

まずこちらをご覧頂きたい。

 

このにゃんたまにフォーカスを当て、肝心のネコちゃんの顔をぼかしている所にカメラマンの粋を感じる(小並感

この枝もたわわな「にゃんたま」に萌えた人。

 

 

・・・・おめでとう、合格よ。

 

今日は羽生山へび子先生

『きゃっつ~四畳半ぶらぶら節~』

を頂いていくわね。

f:id:hyo-ta:20160718131007p:plain

って思った人には悪いけど、何もぶらぶらしやしないわ。

このお話はネコちゃん達が繰り広げる時代劇。

いわゆる「人情」を前面として出している漫画ね。

 

ちなみに羽生山へび子先生の作品のアタシのレビューはこちら

 

 

 


・・・・全部名作なんだよなあ

 

なのでさっきの「にゃんたま」画像に萌えるどころか興奮してしまった人、もしくはあろう事か催してしまった方はもう、読んだ方がいいわ。

でも催しちゃった人は正直、病院行った方が良いと思うの。

あらすじ

其処は大江戸、柳町。
煩い大家の長屋の一角に住まうは、仕事もせずぷらぷら過ごし、隙あらば色仕掛けしてくる居候・弥源治と、
そんな弥源治を養う人気魚売りの清二だ。
けれどある日、弥源治が子猫を拾ってきて?

羽生山へび子が描く えどかわいい 猫びーえる物語!! 

こんな感じね。

超ネコネコしてて、江戸江戸しい漫画。

ただこの紹介の最後の部分、「びーえる漫画」。

ここには正直ハテナマークが頭に浮かぶわね。

軽いアプローチ程度はあるけれど、「恋愛」を描いているわけではないのでそこだけ注意が必要よ。

登場人物

きゃっつ 〜四畳半ぶらぶら節〜

 

凄く多いんだけど、この表紙の3匹のネコちゃん達が主な登場人物ね。

すげー男らしい江戸っ子キャラやノリの軽い男から、義賊のねずみ小僧まで出てくる。

感想

う~ん・・BLってなんなんだろう。

って本質を読んでて問いただされるような漫画ね。

登場人物はネコちゃん。

恋愛要素があるわけではない。

「これはBLなんですか?」

と聞かれれば正直、「・・・NO」

と言う人が多数なんじゃないかしらね。

あくまでも既存のBLと比較すればだけど。

 

この漫画、一応押さえてある所は押さえてあると言った方が正しいわね。

街中でホモっぽい人を見かけてドキドキするような心情に近いと思う。

・・・ごめん、アタシにはよく分からないけどそうなんじゃないかと思うの。

つまりはあくまで今巻では「臭わせる」レベルに留めているので、同性愛に関する神秘性はあるっちゃあるとは言えるのよね。

 

ただこの漫画はやっぱりメインとして捉えるべきなのは時代劇特有の

「人情」 

ここに尽きると思うのよね。

この部分の面白さは半端ないわ。

粋でいなせな物語が繰り広げられているの。

 

キャラクターもこれだけ揃えておいて、一切空気なキャラがいないっていう部分を素晴らしいと思うわ。

アタシのイチオシなキャラは

「井川」きゅん。

 

たぶんサンプルで見れると思うけど

「にやりと笑ったとこなんざゾクっとくらぁ」

って言っているアナタにゾクっと身悶えているんですが・・・。

正直ここ、

痙攣を起こしそうになる程の艶やかさがある(ビクンビクン

ゴロゴロしちゃったわ思わず。

井川の出番が少ないのが本当に悲しい。

 

なんでなの?

時代背景が江戸時代だからなの?

人ではなくネコちゃん達の世界だからなの?

 

なんでこんなに艶っぽいのかしら・・・。

人間よりも男臭いというか・・・。

物語だけじゃなく、言葉とか背景とか細部にまで「江戸時代の町」に拘った所も素晴らしい。

 

極たまに現代的な要素が出てくるんだけど、基本的に当時の時代に忠実ね。

・・・その弊害もあって、「その言葉ってどういう意味?」ってなってしまうくらいよ。

 

ギャグ要素もさすがへび子先生。

物語が軽くならない程度に挟んでくるわ。

「ごぶの沙汰郎」からの「すべり衛門」は笑った。

発展

全くないわ。

今後あるとしたらどうなるのか穴が空くくらいじっと見つめるつもりよ。

 

まとめ

歴史を感じて、クスっとしてホロっとくる。

それでいて微かにBLしてるかな~・・・っていう漫画ね。

スルメの中のスルメ漫画。

ネコ好きな人とか、へび子先生のファンは買った方が良いし、時代劇が好きな人も買った方が良い。

ただ・・がっつりとBLを求めている人は「面白いけど、欲しいのはこれじゃない」ってなるかもしれないわね~・・・。

BLに対する偏見があるような、そういう人にむしろオススメしたい漫画ね。

f:id:hyo-ta:20160720144239p:plain

今回の漫画

 

関連作品

 

   「羽生山へび子」カテゴリの関連記事

 

   「推奨」カテゴリの関連記事

 

   「SF」カテゴリの関連記事