読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『くさかんむりに化けると書いて/蔓沢つた子先生』―暖かな男同士の同棲生活―

くさかんむりに化けると書いて

くさかんむりに化けると書いて

幸せが崩れるのって面白いくらいほんとすぐなんだよ・・・

f:id:hyo-ta:20160822182843p:plain

こんにちは、氷太よ。

今日男の後輩が仕事でミスしたからお尻叩いたら

「・・・それってパワハラですよ」

って言われたわ。

f:id:hyo-ta:20160822171506p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160822171540p:plain

今日は蔓沢つた子先生

『くさかんむりに化けると書いて』

を頂いていくわね。

この漫画、表題作ともう1つ作品が収録されているわ。

うーん・・・それにしてもこの表題作・・・。

ホモ向けのBL漫画かもしれないわね!

色々と共感できる要素があるわ。

女性はどうなのかしらねえ・・・。

多分BL漫画に「できるだけ女性要素を排除した男像」を求めている人が多いんじゃないかしら?

登場人物の受けがオカマ口調なのよね。

常にではないんだけどね。

この要素、特に発展シーンでオカマ口調になられるとちょっとキツイなーって思う人も居るかもしれないわ。

 

まあでも物語自体は訴えかけるもののあるお話になってるからとりあえず見ていきましょうか。

 

あらすじ

「やっと一緒に住む気になったか?」「何度断ったら気が済むの、卓は」

お隣さんで、恋人同士。だからこそ同棲は絶対できない。

消せない過去の自分が戻ってきてしまいそうだから……。
マイペースなイケメン卓(たく)がコンプレックスの塊な元オネエひろむを愛して愛して愛し尽くす、いちゃらぶスローライフ♪
卓とひろむの出会い編他、ヤンデレで不器用で、時々イラッとするけどどこかかわいくて目が離せない、新妻くんの恋のお話も収録!

こんな感じね。

まあ長年一人身のアタシにとってはこの

「やっと一緒に住む気になったか?」「何度断ったら気が済むの、卓は」

って部分にドス黒い波動に取り込まれそうではあるけども。

この好きなんだけど、同居できないって部分はアタシもちょっとは分かるつもりよ。

f:id:hyo-ta:20160822172759p:plain

って言ったヤツ。

・・・相撲すっか?オウコラ。

 

そして新妻くんの恋のお話の方も面白いわ。

こっちはカンペキにコメディだけども。

こんなにも愛を感じ取れないBL初めて過ぎて笑えるわね。

 

登場人物

ヒロム(表紙上)×受け

過去の仕事内容により、オカマ口調になる事のある。

昼・夜と学費を稼ぐために働き、現在は専門学校生。

特定条件下だとオカマ口調になる・・とかだったら面白かったかも。

卓(表紙下)×攻め

ヒロムが好きで好きで仕方ない、1才下だが学校の先輩。

初めて見た時からヒロムに目をつけてた。

個人的に、自分中心な思考の持ち主だから好きくない。

 

感想

それぞれに意思が明確にあって、流される所は流されるし、流されない所は流されない。

そんな所が非常に人間らしいわね。

同棲に至るまでの葛藤、そしてそれを乗り越えてからの2人の密接な結びつき。

凄くハートフルでほんわか暖かい関係性が伝わってくるわ。

読んでて

f:id:hyo-ta:20160822174700p:plain

となる要素が盛り沢山ね。

 

注目して欲しいのが

ホモによる、ホモを見破る要素

を描いてるシーン。

アタシここすっごく分かるわ~・・・。

この作家さんホモなのかしら?とまで思ったくらいよ。

こういうのあるのよホント。

男性では見抜けない、女性が女性のブリッコを見破る要素に近いものがあるんじゃないかしら。

 

ただ問題もあるのはあるのよね。

アタシが感じたのは以下の3点

・ヒロムの弟が登場する回の話のつまらなさ

・発展シーンの過剰な演出

・ヒロムのオカマ要素とヤンデレ要素の甘さ

 

ヒロムの弟の話、同人誌かよコレ・・・・ってゲンナリする内容だったわ。

最後はよかったけど、この回のお話のどこに感情移入できるのかが分からない。

ただひたすら2人の邪魔をするお邪魔虫のお話だな~という印象しかないわね。

 

そんで発展シーンの過剰な演出

ここが最大のアタシの中での鬼門。

はらだ先生のように、書き込み具合は半端ないのよ。

ちょっと意識してるのかしら・・・?と思うほどにね。

ただ最大の違いが

はらだ先生は描写で語る。

けれども蔓沢つた子先生はセリフで語るのよね。

勿論作風はそれぞれ違うだろうし、蔓沢つた子先生が劣っているわけでは決してないのよ?

ただそもそも擬音語も多い上に、表情の作りこみもできてるのに、ペラペラとよく喋るキャラクターに萌えるどころかちょっと気持ち悪さを感じたわ。

ここオカマ口調とかそんなん関係なくね。

過剰過ぎるのよ。

これねー・・発展シーンが得意じゃない人にとっては致命的なくらいよ。

通常の物語の流れとか2人のやりとりは初心者向けのはずなのに、一気にここで玄人向けになってしまっているわ。

 

そしてヒロムのオカマ要素とヤンデレ要素があんまり息をしていない事。

まあこれは問題とする程ではなくって気になったくらいだけど。

この要素、必要だったのかな?

物語の上でどこに活用できてるのかな?

序盤の唯一のヤンデレ要素である行は良かったけどもね。

 

―その他の短編―

新妻くんと新夫くん

これは物語云々っていうよりも際立っているキャラクターが優秀な漫画ね。

とにかく笑いどころが多い。

きりたんぽがいつの間にか・・・ってとこ、笑わない人いるの?

現実で会うと恐怖で硬直してしまうような人間性の2人なんだけど、とにかくブッ飛び具合が半端ないから逆に好印象を抱いたわ。

こっちの発展シーンは合意じゃないような過程で強引だけども、それが2人の性格を凄い現してて、表題作に比べると控えめになってるわね。

・・・うん、これくらいでいいと思う。

 

まとめ

物語やキャラクター自体はいかにもBLらしい、万人受けするタイプに分類されるんじゃないかしら。

ただ何回も言うけど、表題作の発展シーン。

あんまり得意じゃない人は注意が必要ね。

っていうかこのレベルの高さについていける人、おめでとう。

アナタは立派な腐女子・腐男子よ・・・。

ってか腐男子の場合、もはやホモだと思う。

f:id:hyo-ta:20160822181323p:plain

今回の漫画

 

関連作品