ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『好き嫌いは言わないよ/阿部あかね先生』―チョコよりも黒く、甘い人―

好き嫌いは言わないよ<単行本未収録ショート付>

好き嫌いは言わないよ<単行本未収録ショート付> 

あんたという人との付き合い方、なあなあにしないって事です――

こんにちは、氷太よ。

今日は阿部あかね先生の

『好き嫌いは言わないよ』

を頂いていくわね。

いやー・・ほんとさあ・・・。

あかね先生最高傑作と言っても過言じゃないわね。

この漫画をあかね先生の最高峰と位置付けた読者さんも多いんじゃないかしら?

物語自体はコメディ寄りのお話になってくるわ。

もちろんヒューマンドラマな側面もあるわよ。

でもまあそんなに深入りするわけじゃないわね。

あくまで展開していくのは2人の暖かい部分の世界観。

でも見どころ満載っていうね。

いやもうホント凄いわよ!

以下解説していくわね!

あらすじ

俺は、いま食同好会の柴崎先輩にエロい意味で狙われている。

「すぐ殴る」「ワガママ」「自分勝手」――そして「誰とでも寝るビッチ」な先輩は体育会系育ちの俺が1番苦手なタイプ。

全力で拒否!! したいのに、いつのまにか先輩と一緒にいるのが当たり前に。だけど、ある日先輩が知らない男とエッチしているのを見てしまい……!?
単行本未収録ショートも収録した電子限定特別版!!

こんな感じね。

ああ・・・体育会育ちはビッチな人が苦手なのか・・・。

ちょっと目から鱗。

アタシも正直言って、ビッチキャラは苦手中の苦手。

正直ビッチがビッチビッチしてるシーンに嫌悪感を抱いてしまうのよね。

アタシってほら、清純派で売ってるからさ。(←殴って

汚れ?何それおいしいの?って感じで生きてきたからさ。

f:id:hyo-ta:20160906215900p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160906220114p:plain

 

あとは精神面の変化に付いていけない事が多い。

・・・だってビッチなわけじゃん?

そんな子がどの漫画も最後には一途なキャラになるわけじゃん?

「お前じゃなきゃダメなんだ」風になるじゃん?

何でその子に対してはそうなれたのに、今までの相手にはそういう風になれなかったの?

大体どの作品もそういう部分描き切れてないのよね。

アタシ的にははらだ先生の漫画くらいなのよねえ・・・。

ビッチ要素をこれでもかと見せつけておいて、ちゃんと最後に回収して満足できる終わり方する作品って。

 

あらすじ通りこの漫画はフワフワと暖かい漫画。

それでいてビッチな要素も詰め込まれており、非常に優しい結末を迎えるわ。

路線は違うし、はらだ先生の世界観とは対極を為す立ち位置にあるかもしれない。

けれども双璧を張るお見事なビッチワールドを構築しているわよ!

登場人物

陽向(表紙左)×攻め

サッカー部、キーパー上がりの体育会系。

「鬼のぬりかべ」の異名に恥じず、鉄壁の防御力を見せる。

言葉巧みにサークルに勧誘され、直と出会う。

アタシ、ホモだけど物語序盤のアナタの嫌悪感超分かるわ・・・!!

でも何で段々と短髪化していくの?

直(表紙右)×受け

駆け引き上手なクソ☆ビッチ。

食べる事が大好きだがよく残し、陽向に食べて貰っている。

本能に忠実、ド肝抜く行動を起こしたりする。

初めは気持ち悪いだけだったんだけど、段々クセになるキャラクターね

感想

初め1P目を見た時

「・・・あら?へび子先生の作品買っちゃったかしら?」

と思ったわ。

アタシだけかしら?

カラー絵の淡さが似通ってるのかなあ・・・?

本編入ると全然違うんだけどもね。

 

アタシ思ったんだけどさ、この漫画って物語が飛びぬけて良かったりとか、キャラクター性が抜きん出ているっていうわけじゃないわよね。

「見せ方」が秀逸なのよ。

そして様々な要素が相乗効果を起こして爆発的な面白さを生んでいる作品なのよ。

物語に関しては、ノンケが堕ちていく部分に関しては全く異論はないわ。

そしてビッチな子がそうでなくなっていく様子も繊細でとても滑らかだったわ。

 

ただ丁寧なんだけど・・・。

穴はあるのよね。

直は何で財布に大金入れているのかとか、直の幼馴染との関係性とか。

細かい所だけど、直の幼馴染の竜って子が殴られた後いきなり戦意喪失してるのはちょっと「!?」だったわ。

まあ全然良いんだけど・・・。

たぶん続編が出るんじゃないかって臭いがプンプンするから。

ただ恐らく読んでて「え?なんで?」ってなる部分は少なからずあるはずよ。

 

キャラクターもまあ個性的ではあるけども、目新しいものがあるわけでもないわよね。

純情な子+ビッチの組み合わせだもの。

 

でも凄いのよねえ・・・名作としか言いようがないわ!

ほんと緩急のある見せ方が上手すぎる・・・!!

特に後半、陽向が主導権を握ってからがいいわね。

そんな陽向の強気なセリフ

「付き合う為の適正検査。俺の為に受けてくれますよね?」

f:id:hyo-ta:20160906215531p:plain

かっこよすぎわろたww

適性検査に「トライアウト」ってルビ振ってるのが最高に良い!!

なんだよお前・・・こんなかっけーヤツだったのかよ・・・!!

その後の直の反応、分かりすぎて困るわどうしましょう・・(←どうもならない

 

それとやっぱりタイトル通り、食事に関する要素の絡め方が良いわね。

外食して頑張って食べる2人も微笑ましくてカワイイんだけど、やっぱりここに触れておかずには居られないわね。

直の作ってきたとんでもないビッチ弁当。

その場に居たモブキャラのリアクションも良かったけど、誰もが初めは

f:id:hyo-ta:20160906212827p:plain

こうなると思う。

一呼吸置いてからめちゃ笑わせて貰ったわ。

ただその後食してるシーンはマジで

氷太の玉袋筋太郎さんが「・・・キュッ」となったわ。

f:id:hyo-ta:20160906213933p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160906213557p:plain

 

発展シーンも臨場感あって、息遣いが耳元で聴こえてきそうよ。

ここも凄いな~。

だって本能丸出しって感じなのに、キレイなんだもの。

そして濃いわよね!

これだけ濃くねっとりと描かれているのに、嫌悪感全く沸かなかったわ。

こういう描き方をBL界のスタンダードにして欲しいわね。

 

ああ~!!

続編出て欲しいなあ!!

直の幼馴染の方も読みたいわよね~!

竜ちゃん可愛い過ぎない?

f:id:hyo-ta:20160906214737p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160906220413p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160906214906p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160906215056p:plain

ぶっちゃけ完璧に結果オーライだけど、この物語の最大の功労者って竜ちゃんよね?

竜ちゃんのおかげで、陽向は男に興味湧く事できたわけでしょ?

もう1回念のため言うけど

完璧に結果オーライだけどもね。

この子達のクズっぷりと、そこに見える思いやりにも注目して欲しいわね!

まとめ

あかね先生のこれまでのノウハウが全て注がれているような、とてつもない熱量を持った漫画!

ビッチキャラ苦手な人でも、初めこそは抵抗感あるけども次第に大丈夫になっていくわ。

見所満載、笑い所満載の名作よ!!

f:id:hyo-ta:20160906220730p:plain

今回の漫画

 

関連作品

 

関連記事