ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『ワイルド・ワイルド・ワイルドライフ/鬼嶋兵伍先生』―熱い視線―

ワイルド・ワイルド・ワイルドライフ【特典ペーパー付き】

ワイルド・ワイルド・ワイルドライフ【特典ペーパー付き】 

俺はほんとはお前としか・・・――

f:id:hyo-ta:20160929131530p:plain

こんばんは、氷太よ。

今日は鬼嶋兵伍先生

『ワイルド・ワイルド・ワイルドライフ』

を頂いていくわね!

f:id:hyo-ta:20160928203712p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160928204115p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160928203729p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160928204146p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160928204302p:plain

この漫画は他に5作の短編が収録されているオムニバスよ。

1冊丸まる表題作かと思ってた。

ただほとんどの作品に共通する要素があるわ。

それは筋骨隆々なゴリマッチョが出てくるってこと。

もはや鬼嶋先生のお家芸と言ってもいいわね。

「腹筋と胸筋が凄い・・・!!」

って思う人多いと思うけど、もっと注目して欲しい部分がある。

肩筋が半端ねえー!!

太さが顔と同じくらいなんですが・・・

これ女性じゃ気付かないと思うわ。

この肩作り上げるのにきっと年単位の時間が必要ね、うん。

何すりゃこんなに発達すんだよどいつもコイツも・・・。

めちゃ美味しそうじゃねーか(意味深

 

この表題作の物語は2つの種族による、ただただやってやりまくる快楽と慕情の物語となっているわ。

 

あらすじ

今宵は森の発情期。

平和主義のおっとり優しい草食族(ゴウト)の竹伐(たけきり)は、畑仕事の帰り道にエッチ大好き野獣の肉食族(リンクス)・黒南風(くろはえ)一味に襲われた。

前からも後からも執拗に弄ばれ、「やめて! やめて!」と拒んでるのに、黒南風に見つめられると竹伐のカラダは熱~くなってきてしまい――!?

こんな感じね。

現実世界だと相当重罪になりそうな事だけど、BLで描かれると

もっとやったらんかいさどやさ!!

ってなるから不思議。

この表題作の肝ってもうここなのよね。

物語性は無いと言っても過言ではないから(←失礼

でも肌と肌が合わさっている瞬間の表情、息遣い、そして視線。

肉体的なやりとりだけじゃなく、そういった部分に垣間見えるプラトニックな要素こそがこの作品の持ち味なの。

 

登場人物

f:id:hyo-ta:20160928231516p:plain

黒南風(表紙中央)×受け

肉食獣リンクス。

やんちゃな性格で、竹伐を気に入っており毎年発情期に襲っている。

悪そうな顔+筋肉、100点ですね(ニッコリ

竹伐(表紙左)×攻め

草食族(ゴウト)。

肉体関係は好きな人だけという超ピュアな考えの持ち主。

なのにまた襲われたいと考える真性のドM。

感想

多分ね、誰がこの作品を読んでもこういう感想になると思うわ。

すげーエロい・・・。

ただ、それだけじゃなくってそれぞれの精神性も描かれてるのがお見事よね。

単なるやってるだけの描写に留まってないのが良いわ!

襲われている最中に竹伐が

「こんなこと本当は1番好きな人と・・・」

ってセリフをこぼすんだけどその後の黒南風の行動って言ったらもう・・・。

手を握ってやるのよね。

遊んでるように見えるけど、そうじゃないのよね。

ここ本当に優しい描写だなあって思ったわ。

それでいて凄い男らしい・・・。

まあ受けなんですけどもねこの子。

オラネコってヤツね。

この子後半になるにつれて段々とメスの顔になっていくわ。

ただこのメスの顔になってここから・・・!!って時に

ページ都合ENDを迎えるわけですよ。

これ続編描いてくれないかなー!!

いくらでも描けそうな内容じゃない?

ただの短編で終わらせるにはもったいないと思うの。

キャラの魅力が溢れすぎてるわよ・・・!!

 

ただ全体的に白い修正が結構多いかなーと思ったわ。

アタシはホモだから実体験をトレースして、角度や相手の位置で何してるか把握していってるけど・・・。

腐女子って何で分かるの?

貴様は今までどんな体験してきたの?

これが「心眼」ってヤツなのかしら・・・。

 

あと簡単に他の短編解説していこうかしらね。

ビブラビブレ

人間の精気を生きる糧とするアンドロイドの話。

結構重い話で、全てが語られるわけでもないんだけど全体的にハッピーエンドにはならなそうな物語かな。

スチール・グレイ・ダウン

お坊ちゃまと炭鉱夫の話。

表題作並に最高にキャラが良いわ。

大体想像付くと思うけど、この炭鉱夫がこの漫画でNO.1の筋肉の持ち主。

この人、「オンナにされてこうとする自分に・・・興奮して・・」

って言うくらいのメス化するんだけど

「そんなアナタに興奮しているんですが・・」

f:id:hyo-ta:20160929001326p:plain

っていう読者は日本に何人くらいいるのかしら・・・。

でもエロいだけじゃなくって、かなりドラマ性があるのよねーこの短編。

裏切るのか、裏切らないのか命をかけるような場面が出てくるし。

お坊ちゃまも良いキャラしてんのよ。

高飛車な感じじゃなくって、お育ちの良い凛々しい勤勉な人って感じかしら。

「それはご勘弁願いたい (。+・`ω・´)キリッ」

って部分、間違いなく笑うと思うわ。

屍サヴァイブ 

ちょっと訳わかめな短編だったわ。

ゾンビ・・・の話になるのかしらコレは。

不死なの?そうじゃないの?

ここが曖昧過ぎて、生死の境を目の当たりにしても全く感情移入が出来ないわ。

最後の土壇場の部分も、序盤と同じようにぶった斬ってまた蘇生すれば良いのでは・・・。

違うの?

そういう事ではないの?

桃色番町

男らしさに憧れている学生と、教育実習生として来た外見が男らしいけど中身がファンシーな人の話。

結局求めている男らしさはなかった訳だから、ケンカになるんだけど

2人の設定がムリ過ぎるわ。

この学生の求めている「男らしさ」っていうものの浅はかさも、それの浅はかさを発展行為で教えようよするこの教育実習生。

共感できる要素が全くないわ・・・。

ただ

「ちんちん潰されちゃうかもってときにどうしてこんなになってるの、月村君(学生)ってもしかしてヘンタイ?」

ってセリフにはBL至上かつてない程に同意したわ。

タカマルチャーム!!

アタシ実は単話売りで既にこれ読んでたのよね。

これは設定が斬新で改めて読んでもぶっ飛んでてよかったわ。

代々受け継がれている「人たらし」の能力に覚醒した大学生の話ね。

ただ主人公のこの能力は男にしか通用しないのよね。

f:id:hyo-ta:20160929003651p:plain

とにかくモテてモテてモテまくる!

ハーレム漫画になってるわ。

主人公もそこそこカワイイんだけど、この作品におけるアタシのヒロインは陸上部の子!

まあ多分メインヒロインはメガネの子っぽい流れだけど・・・。

これも続編出して欲しいなー!

 
まとめ

短編集と侮ることなかれ。

総合的に考えてもクオリティが高く、発展シーンに関しては最高峰の漫画。

筋肉好きな人はね、絶対に読んだ方が明日を楽しく生きられるわよ!

f:id:hyo-ta:20160929004102p:plain

今回の漫画

 

関連作品