ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【2016/10月版】給料が出て購入したBL漫画を晒していく~その①~

f:id:hyo-ta:20160929231944j:plain

こんにちは、氷太よ。

いや~今月もしっかり働いたわ。

何か本当にどっと疲れちゃった・・・。

9月の給料、汗と涙で湿ってる気がするの。

そんなお金で購入したBL漫画を晒していくわね!

これ実はもう読んじゃったわ。

アタシすっかり海野サチ先生のファンになっちゃった。

ただこの漫画はかなり荒削りな作品って言えるわね。

結構作りこみの甘さがあるんだけれども、物語を通して感じられる暖かさ。

これを伝えられているのは天性の才能だとアタシは思うの。

物語は「物」に宿った人間のような「何か」のお話よ。

持ち主を見守る事しかできなかった存在が、持ち主に干渉できるようになった時を綴った非常に優しい物語になってるわ。

 

海の鮮やかな町並みが似合う、高校生のお話ね。

氷太は実は山育ち。

だから結構「とびだせどうぶつの森」的な少年時代を過ごしていたから海って憧れるわ・・・。

海辺の子ってテトラポットで愛を語ったりするんでしょう?

少女漫画で何度もそういう爽やかで瑞々しいシーン見たわ。

ふざけんじゃねえよ(嫉妬

絵もお美しくって大変楽しみにしております。

ちなみに下巻もあるでよ。

 

はいコレも既に読んじゃいました。 これはね~・・・。

名作間違いないわ。

オカマが主人公なんだけど、現実のオカマよりオカマしててむしろカッコイイ。

非常に繊細な描写とセンス抜群なコメディ要素が両立しているから、多分羽生山へび子先生路線のお話が好みの方はどっぷりとハマるわね。

キャラの書き分けに難があるけども、涙腺崩壊するポイントがいくつもあるもの。

部屋の鍵は郵便受けから落としといてちょうだい」 ってセリフに一体何人の読者が涙を落としたんでしょうね・・・。

 

和風な世界観とハートフルな物語に惹かれて購入。

「ご飯」がキーアイテムとなっているようね。

登場人物にも歳の差が結構あるっぽいわ。

続刊もあるから、結構人気作なのかしら?

 

どことなくオノナツメ先生の絵を連想させる作品。

かなりコントラストが効いていて、特に影の描写がそう想起させるのかしら・・?

サンプル内容は ただの引越し漫画。

ここからどんな風に物語が動くのかしら・・・。

 

はいコレも読んだわ。

子持ちのお父さんのお話ね。

アタシは子供いないからお父さんの気持ちって全然分からない。

だけどこの作品で何を伝えたいのかは凄く分かる。

父として、男として、相手とどう向き合っていくかっていうこれまた繊細な物語になってるわ。

あ、相手は子供じゃないわよ。

ちょっと小生意気な部下なの。

この部下の性格にはちょっと賛否両論ありそうね。

全体的にツンツンし過ぎなのよ。

アタシかよ。

 

タイトルがお見事。

サンプルも、あらすじも見ずに購入しちゃったわ。

人間のお話よね・・?

どうみても表紙がライオンが擬人化したようにしか見えないんですが。

でもアタシ賭けるわ。

きっと人間の心の穴を表現した秀逸な物語に違いない!

 

BLにおいて、こういう漫画って多分ハズレが多いのは分かってる。

でもアタシの中の厨二な部分がくすぐられて仕方なかったのよ。

凄いラノベ臭がするのよね。

男ってこういう裏社会的なもの大好きなのよ。

 

ちなみにHKってホンコンっていう事らしいわ。

ちなみにダレトクな情報だけど、氷太が大阪に住んでいる時芸人のホンコンさん見たけど思った以上にホンコンだった。

 

気になってた作品。

ノンケとホモの同棲のお話みたい。

いやコレ非常に難しいテーマを取り扱ってるわねえ。

ずっと一緒に居たら「いつの間にか」とか「仕方ねえだろ」的展開になっても、仕方ないものね・・・。

こういう部分を重みのある流れで持っていけるかでかなり評価が変わりそう。

 

駅員萌え(´∀`*)

ただただ駅員を愛でたいが故に購入した作品。

駅員って普段全然意識してないけど、妄想が捗る素材よね。

「・・・あなたへの恋の片道切符、ください」

きゃあああああああ!!

f:id:hyo-ta:20160929230812p:plain

い・・・以外とイケてるくない!?

これは!?これは!?

「ボクの普通列車、快速にしてください!」

f:id:hyo-ta:20160929231235p:plain

ごめんなさい。

想定外の気持ち悪さね。

やっぱりこういう妄想って自分を中心に考えるとダメだわ。

 

はいこれも読んだわ。 凄い設定よこの作品。 「サダオ」って子が泣くと雨が降るっていう伝承の村に主人公サダオが引っ越すって話。 自分の行動は使命よるものなのか、己の感情によるものなのか。 通常のBLとは別の要素を深く掘り下げて描いていくわ。

 

 

とりあえずブログの尺が足りないようなので、ココまでにするわね。

~その②~はお昼頃に投稿するわ!