読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『本橋兄弟/RENA先生』―変人奇人の宴―

本橋兄弟【電子限定特典付き】

本橋兄弟【電子限定特典付き】

f:id:hyo-ta:20161001131525p:plain

こんばんは、氷太よ。

今日はRENA先生

『本橋兄弟』

を頂いていくわね!

予備知識もなく初見で1ページ目を開いた時、きっとこう思うはずよ。

f:id:hyo-ta:20160930234635p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160930234719p:plain

 

f:id:hyo-ta:20160930235539p:plain

 

正確には4コマではないんだけどもね。

1つのお題に対して基本的に1ページで起承転結をさせる、1つ1つがある意味独立した作品になっているわ。

それらが連なって一応大筋のストーリーが見えるって感じね。

まあただそういう形なので、純粋に物語を楽しむっていう漫画ではないわね。

後半のおばあちゃんのお話は、ちょっとしんみりとするけども・・・。

キャラクターの魅力と、センス抜群なギャグ要素を楽しむべき作品よ!

あらすじ

ツッコミの兄とボケたおすシュールな弟……
ふざけっぱなしの二人暮らし☆☆☆

二人暮らしの高校生「本橋兄弟」。
兄の貴也は留年(ダブリ)でバイトの虫。
弟の智也はシュールすぎる変な人。
そんな兄弟のまわりにいるのは隠れ腐女子、魔法少女好き、ストーカー……
おかしいけれど心優しい仲間たち。
ラブリーなキャストで繰り広げるファミリーコメディ、開幕!

この世界にマトモなヤツは、いない……。

こんな感じね。

確かにこの漫画にまともなキャラっていねえわ。

キャラが濃すぎる。

主人公だけじゃなく、サブキャラですら個性が冴え渡ってるものね。 

アタシてっきり兄弟愛の話かな~って思ってたのよ。

だってタイトルがタイトルじゃない?

誰もがきっとそう思うと思うのよ。

序盤も少しだけだけど、そういう要素見えたしね。

そうじゃなかった。

恋愛要素こそがBLだ!と思ってる方はここだけ注意した方が良いかもしれないわね。

そういう意味でのBL要素は、この漫画ではまさかまさかの

ストーカーキャラがその役割を担ってる。

これ新ジャンルだと思った。

めっちゃ画期的じゃないかしら・・・。

そして何より1番驚いたのが、自分がそういうニーズにマッチした存在だという事。

お母さん、お父さん、それと皆・・・ごめんね。

氷太、意外と汚れてたわ(知ってた

あとは誰が何と言おうと主張したい事がある。

隠れ腐女子が最高に面白い!!

これ譲れないわ。

この子本当に笑わせてくれるのよ。

登場人物

f:id:hyo-ta:20161001001408p:plain

貴也(表紙左)

智也の兄貴だが留年しているため智也より下級生。

生計を立てるためにバイト漬けの生活を送っている。

この漫画で1番まともなキャラ。

智也(表紙右)

貴也の弟でこの物語のシュールなボケ担当。

何を考えて行動しているのか分からない変人さが持ち味。

でも優しい気遣いのできる良い子。

メグ

魔法少女にハマっている美男子キャラ。

真顔で無理難題を発言するところは面白いけど、中盤いかんせん空気キャラに。

後半はこの漫画に登場させた理由が何となく分かるようになる。

とみちゃん

隠れ腐女子のカワイ子ちゃん。

腐っぷりが見事で、教科書にBLの絵を描いて人に貸せない程。

やっぱ1番好きだなあこの子が。

オーナー

この物語のBL担当。

ちょっと暗い過去と底抜けの貴也愛が魅力。

とにかく貴也が大好きで、貴也の個人情報をほぼ把握している。

完全にプロのストーカーなんだけど感情移入しちゃう不思議な存在。

感想

基本的にギャグ漫画って、好き嫌いが両極端に分かれやすいジャンルだと思うんだけどこれは本当にオススメできるわね。

どれか1つのキャラクターにはハマる要素を多いに持ち合わせている。

登場人物が5人も居れば、基本的には好き嫌いが出てきてキャラクターランキング作れると思うんだけど、これはマジで難しい。 

それだけ魅力が各キャラ素晴らしくあるのよね~・・・。

アタシはそうだなあ・・・。

う~ん・・・。

とみちゃんは1位なんだよなあ・・・。

それは確かなんだけど2位以下がマジで難しい。

強いて言うなら

とみちゃん>オーナー≧貴也=智也≧メグ

かなあ・・・。

ぶっちゃけメグも良いキャラなのよ?

貴也ととみちゃんと同じバイト先なんだけど、そこで「王子」をコンセプトとしたイベントをする際、どう見ても王子様キャラな外見をしてない貴也に

「明日までに何とか僕くらい美形になってきて」

とか言い出したりね。

笑わせてくれるんだけど、中盤存在感が霞んでるのよねえ・・・。

たぶん2巻以降に本領発揮してくるであろうキャラかなあ。

 

やっぱ全体的にキャラの完成度・・・ギャグのレベルが高すぎる。

それぞれ笑いの役割分担が徹底しているのよ。

貴也は「ツッコミ」

智也は「シュール」

メグは「無茶振り」

とみちゃんは「腐」

オーナーが「BL」

 

特に智也の「シュール」な発言はよくもこんなに閃いたなって思うものね。

ずっとシュールであり続けるって凄い難しかったと思うのよね。

やっぱりRENA先生って関西人なのかしら・・・。

凄く吉本新喜劇に鍛えられました感があるのよね。

 

あとはアタシって正直BL読んでるけど、作家さんの事とかそもそも腐女子についてって全く分からないんだけども、とみちゃんってあるあるキャラなのかしら?

BL新刊を買いに行く時のとみちゃんの神々しさったらもう・・・!

髪なびかせながら、かっこよく歩いていく行き先が「アニメイト」ってここで笑わない人いるのかしら?

その後のオーナーとのBLに関するやりとりも最高に笑わせて貰ったわ。

「●●●の色の濃さにはこだわります。」(←君の好きな言葉を入れてみよう!)

は恐らくBLを愛すべき人間にとってはモーゼの十戒ならぬ、BL作家の十戒間違いなし!

f:id:hyo-ta:20161001013710p:plain

 

ただ残念ながら、BL要素が完全に一方通行工事中のため発展要素は全くないわね。

妄想でいいからこれから盛り込んでくれませんかねえ・・・(切実

まとめ 

ギャグコミックと侮る事なかれ!

人情を全面に出したホロっと来るシーンも勿論あるわよ!

破壊力は抜群なんだけど、いかんせん相互関係のBL要素がないって事と、アタシ個人が持ち合わせている腐女子像を現実の腐女子が見た場合、どう思うのかが全く想像できないため評価を推奨に留まらせて頂くわ!

ここらへんをマジで教えて欲しいわ~。

ホモの実態教えるからさあ・・・(←何様

2巻も早くでないかしら!待ち遠しいわっ!

f:id:hyo-ta:20161001012039p:plain

今回の漫画

 

関連作品

 

関連記事