ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『ふつつかものですが。/海野サチ先生』―今日から家族―

ふつつかものですが。【おまけ付きRenta!限定版】

ふつつかものですが。【おまけ付きRenta!限定版】

今日から住み込みでウチの家政夫になれ!――

f:id:hyo-ta:20161003222502p:plain

こんばんは、氷太よ。

今日は海野サチ先生

『ふつつかものですが。』

を頂いていくわね!

f:id:hyo-ta:20161003140206p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003140343p:plain

親子の絆、家族の絆を1から構築していく非常にハートフルな物語になっているわ。

とはいえそれだけに留まらないようなコメディ要素を持ち合わせているのがこの漫画。

あとまさかのゾンビの物語、ゾンBLが短編として収録されているわ。

物語云々は全くもって問題ないと思うけど、若干グロ注意って感じね。

あらすじ

借金のかたに橋場家で家政夫をすることになった八代。
元保育士の腕を発揮し完璧に家事をこなすが、その一方、橋場のお嫁さんを気取ったり、激ださペアルックを勝手に買ってくるなど家政夫・八代の暴走は止まらない!
すっかり八代のペースにはまってしまった橋場は、「ただの処理」だと言う八代に流され、二人はとうとう親密な関係に――!

こんな感じね。

大人2人のドタバタコメディに加えて、子供が加わることで非常に優しく暖かな世界観になっている。

家族っていうものを描いていく中に、BL要素があるって感じかしらね。

基本的に子供がいるBLって、どこかしら子供が一気にフェイドアウトして完全なモブキャラ化してしまいがちだけどこの作品は全くそんな事はないわ。

軸となる物語の中には必ずこの子が加わってくる。

だけども夜の事情には絶対に加わってこない見習いたい程の空気の読みっぷりを考えると園児とは思えない程しっかりしているわ。

f:id:hyo-ta:20161003154225p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003154415p:plain

あとこの借金取りがすげえマッチョ。

登場人物

f:id:hyo-ta:20161003154438p:plain

八代(表紙左)×攻め

お人良しが仇となり借金が膨れ上がった元保育士。

女性関係もだらしなく、汚れに汚れている。

保育士という肩書きを買われ、借金の代わりに家政婦として橋場に雇われる。

橋場(表紙真ん中)×受け

超オラついている金融屋さん。

子供である律の面倒を見きれず、八代を家政婦として雇うことに。

家事を全くする事ができず、律を育てる事に不安を感じている。

律(表紙右)

母親方に引き取られていたが、虐待を受けていたため橋場に引き取られる事に。

男の子のように見えるが、実は女の子。

我慢強くて優しい大正義系園児キャラ。

感想

気をつけて欲しいのが強面の橋場さんが受けって事ね。

アタシ的には完全勝利って感じのセッティングなんだけど、問題はこの見た目のまま描かれるんじゃなくって髪をおろした状態で描かれるって事。

サチ先生ェ・・・氷太このツンツンヘアーの状態で見たかったお・・・。

この普段「クソ男らしい旦那なのに受け」ってのがめっちゃ萌えるのに・・。

なんでそこ崩しちゃうのかな。

髪おろした途端に一気メス化しちゃってて、ちょっと萎えた。

まあ確かに風呂場でのシーンが多いから、その方が確かに自然なのは分かるわよ?

分かるけどさあああああああ!!

f:id:hyo-ta:20161003161240p:plain

 

コメディ要素が多くって、泣くって事はないけどもシリアスに描かれていく漫画なら恐らく泣ける可能性を持った漫画。

それくらい家族っていうものと、その結びつきって何なのかってのが1つのテーマとしてかなり時間を割いて描かれていくわ。

序盤のぎこちなさ、信頼関係のなさから物語が進むにつれて「明日も一緒に」っていう関係性に変化していくのが良いわね。

 

特筆すべきはキャラクターの良さね。

どのキャラも引っかかりのようなものを兼ね備えているもの。

お人良し過ぎてクズ過ぎる部分がある八代。

不器用なんだけど父親として頑張り屋の橋場。

虐待を経験し、家族の温もりを求めている律。 

律は全体的に天使可愛いのは不変なんだけど、八代なんかめちゃめちゃ面白いわよ。

律とのホロっとする流れから保育士を辞める時の園児との会話を回想するんだけど、

「職場にまでヤミ金会社から電話がかかってくるよーになって・・・

えつこ先生やみなこ先生と三角関係で・・・・・

けん君ママやあいちゃんママと泥沼で・・・」

って汚れ過ぎワロリンス。

こういう良い流れを一気にダメな流れにする八代本当に面白いわ。

 

そしてアタシがハアハア言いながら見つめていた橋場さんが律のために

でっかいウサギのぬいぐるみを恥ずかしそうに購入するシーンなんか

f:id:hyo-ta:20161003215331p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003215443p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003215559p:plain

You are got’s hashiba.

この腐敗した世界に堕とされて本当によかった・・・グフゥ。

f:id:hyo-ta:20161003215658p:plain

素晴らしく萌える!

なんだよ橋場さん・・・。

それはズルいよ・・・。

普段そんな顔全然見せないじゃん・・・。

アタシもそんなんされたいわよ・・・。

橋場さんが持ってると目が虚ろなウサギのぬいぐるみでも一気に可愛く見えるよ。

橋場さんになら腐った納豆投げつけられても喜ぶ自信ある。

プレゼント、スーパーで売ってた特売品のモヤシとかでもいい。

そんな橋場さんの鎖骨にお酒注いで飲み干したい。

f:id:hyo-ta:20161003221021p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003221133p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003221054p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161003221321p:plain

ただやっぱりね、2人共ノンケなんだけどそういうノンケ同士がお互いを意識し始めるっていう部分の描写はかなり弱いかな。

まあここがメインテーマな訳じゃないから別にこれはこれで構わないんだけど、そこだけ気になったわね。

急ぎ足感が半端ない。

そういう男同士だからっていう葛藤は、この物語には一切ないと考えておいた方がいいわね。

まとめ

センス抜群のハートフルギャグコメディ。

ダメ男、強面、ショタ(女の子だけど)のどれかが好きならばこの物語に入り込めるハズ。

家族の暖かさ、BLの甘さが詰まったオススメの作品よ!

f:id:hyo-ta:20161003222418p:plain

今回の漫画

 

関連作品

 

関連記事