ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『それに名前をつけるなら/鮎川ハル先生』―初恋は何よりも苦く―

それに名前をつけるなら

それに名前をつけるなら

俺は全部が欲しいから――

f:id:hyo-ta:20161019170545p:plain

こんばんは、氷太よ。

今日は鮎川ハル先生

『それに名前をつけるなら』

を頂いていくわね。

 

これは素晴らしすぎるわ・・・!!

泣かせるような話では決して無い。

感動するようなお話でもないのよ。

でもこの物語で描かれる色々な形の葛藤はまぶたが熱くなってしまって、もう何て言えばいいのか上手く言葉にできない・・・!!

もうね何回でもね・・・。

読みたくて読みたくて震える。

f:id:hyo-ta:20161019030944p:plain

f:id:hyo-ta:20161019031025p:plain

試し読みの段階では、物語良さが1割も引き出せてないのが惜しいわ・・・!!

ただこの物語。

読んでて既視感があったのよね。

何か見た事あるキャラが出てくるなあ・・・って。

f:id:hyo-ta:20161019031219p:plain

f:id:hyo-ta:20161019031339p:plain

f:id:hyo-ta:20161019031435p:plain

f:id:hyo-ta:20161019031510p:plain

そうなのよ。

この漫画『あいもかわらず』のスピンオフなのよ!

f:id:hyo-ta:20161019032053p:plain

f:id:hyo-ta:20161019032305p:plain

f:id:hyo-ta:20161019032536p:plain

本当にごめんなさい皆。

あいもかわらず』の方を本来なら先にレビューすべきなんだけども・・・。

前作を全く読まなくても問題ないから、このままこの記事投稿させて貰うわね。

近い内に必ずレビューするから・・!!

あらすじ

俺で童貞切ってみない?

女子にモテたい純情童貞男子校生・佐野は、ひょんなことからサブカル系イケメン大学生・藤田と知り合い、『師匠』と崇める。

しかし偶然街で再会した藤田は恋人に振られ、涙で目を腫らしていた! 

流れで藤田の話を聞くうち、なんと彼がゲイであることが判明。

さらに佐野が童貞であると知った藤田がシゲキ強!な提案をしてきて?!

恋愛偏差値低めの二人の、不器用年の差ラブストーリー。

こんな感じね。

コメディ寄りな物語と連想させるあらすじだけど、 そんな事はないわ。

テーマとしている部分に関しては非常にシリアス。

ただ鮎川先生の柔らかい絵と、キャラクターに持たせている性質によって中和されてバランスの取れた漫画になっている。

そして基本的にはこの男子校生目線で物語が進んで行くので、手探りで恋愛をしていく流れが特に秀逸なのよ。

恋とは、男同士でとは、想いが通じるためには――。

酸いも甘いも全く知らない少年が、恋愛のほろ苦さを正に今経験した大学生に恋愛をする 、そういう漫画になっているわ。 

登場人物 

f:id:hyo-ta:20161019034623p:plain

佐野(表紙右)×攻め

脳筋おバカ野球少年。

体育会系らしく礼儀正しく律儀な性格。

恋はまだ知らない。

藤田(表紙左)×受け

どことなく大人びた雰囲気を合わせ持つインテリ風メガネ。

感情をあまり表には出さないタイプ。

小悪魔的存在かと思いきや意外と・・・? 

感想(ネタバレ有り

さのちんクッソかわええ・・・。

そしてカッコイイ・・・。

スッススッスだけ言ってるだけのそこらの漫画の「なんちゃって体育会系」とは訳が違うわ・・・。

アタシもコーヒー淹れて欲しいなあ・・・。

っていうかコーヒーに砂糖入れてくれるだけでもいいわ。

聞き方もまた可愛いのよねっ!

さのちん「砂糖はおいくつで・・・」

f:id:hyo-ta:20161019044616p:plain

って言ってやりたい・・・!!

多分さのちんはちゃんと40個入れるんだろうなあ・・・。

冗談で言ってるのに通じないんだろうなあ・・・。

可愛いなあホント・・・。

 

いや~・・・これは以前

誰に宛てて作成したのかアタシにも分からないこの記事

この順位変動するわ・・・。

それくらい良い男なのよ!! 

一生懸命なんだもの・・・!!

かっこ悪い所も勿論あるんだけどもね。

いざ相手と交わる時にどうしていいのか分からずテンパッている部分とか 

昔のオレかよ。

とまで思ったくらい。

いやでも・・・正直・・・。

アタシよりも何倍もマシかな・・・。

f:id:hyo-ta:20161019042723p:plain

f:id:hyo-ta:20161019043154p:plain

f:id:hyo-ta:20161019042642p:plain

f:id:hyo-ta:20161019044853p:plain

そして『それに名前をつけるなら』ってタイトル。

このタイトルこそがこの漫画の全てなのよね。

未読の状態では何の感慨もないだろうけど、1回読むとこのタイトル以上に素晴らしいタイトルはないんじゃないだろうかと思うはずよ。

 

そんな関係を持っていく上でさのちんは考えていくのよね。

自分はゲイではないから、相手にとって恋愛対象ではない。

2人でいる時間が恋人同士の時間のように感じられても、その暖かさに浸る事ができないのよ。

そしてここに「恋愛経験がない」という設定が重要な要素となって活きてくるわ。

いつか藤田の隣には自分ではない人が居るのかもしれないと考えるけれども、今の関係に終止符を打てる程の決意が持てない。

けれども今の関係にこれからがあるという明確な希望も持てない。

この胸を打ちつけるようなもどかしい葛藤は、それだけ相手が大事だっていう所もあるのだろうけども、恋愛経験が無い故に指針となる判断材料がないから起こるものなのよね。 

 

だけどね~、さのちんって本当に良い子なのよね。

男である藤田を好きになってしまった事に対しての葛藤はすぐに乗り越えるのよ。

ここの移り変わりの自然さもこの漫画で評価すべきポイントの1つなんだけど、自分を軸にして考えるんじゃなくって、藤田を軸にして考えるのよね。

とっても利他的なの。

きっとそんな子だからあくまで体の関係と考えていた藤田の心にも、いつの間にかさのちんの存在が沁みこんでいたのね。

ここも良いのよ・・・。

他人が自分の心に宿っていくってこういう事よ。

恋ってある日、何かしらのきっかけで強く自覚するものだけれど、それまでに自分でも気付く事のない変化って既に起こっているのよね。

 

でも恋愛って楽しい事だけじゃないわ。

蝕むようなどうしようもない気持ちに陥る事もある。

この描写にはアタシ鳥肌立っちゃったわね・・・。

さのちんは藤田にコーヒーのドリップをプレゼントしようと購入するんだけど、それがとある原因で渡せなくなるのよね。

でも、捨てる事もできないから自分の家で使うんだけど・・・。

ここのさのちんの様子を見て、何も感じない人はきっといないんじゃないかなって思うの。

初めて好きになった人のために買った始めての「プレゼント」。

そして自分の家でそのプレゼントであるコーヒードリップで、始めてのコーヒーを淹れるのよ。

ポタッと落ちるコーヒーがさあ・・・。

さのちんの代わりに涙を流しているように見えるの。

初めて淹れるそのコーヒー、全然おいしそうに見えないのよ。

まさにこのコーヒーは、初めての恋愛で経験する初めて実感する苦さそのものなのよね。

ここの部分の心理描写はもう物凄い。

アタシはもう正直胸が苦しくて一旦読み進めるのを止めた。

きっともっとドラマチックに演出はできたはず。

だけども高校生という、何もかもが始めてのさのちんの等身大を表しているような控えめだけれどとても印象的なシーンになっていて・・・。

自分の初恋と重ねてしまって見ていられなくなったわ・・・。

その後に独白する悲しい願い、アタシには分かる。分かるんだもの・・・。

 

それでもね、挫けずにひたむきに追いかけるドラマがこの漫画にはあるの。

人の強さ、想いの強さ、そういうものがこの漫画に詰まっているわ。

まとめ

これは正に万人受けする作品ね。

正真正銘「ボーイズラブ」なのよ。

胸を打つような漫画を探している人はこれを読むべきよ・・・。

絶対に間違いない、保障するわ!

f:id:hyo-ta:20161019165406p:plain

関連記事


今回の漫画

 

関連作品