読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『かなしいどうぶつ/湖水きよ先生』―理性と本能―

かなしいどうぶつ【特典ペーパー付限定版】

かなしいどうぶつ【特典ペーパー付限定版】

俺はずっと動物でいい――

見所・内容をザックリ言うと

  •  譲る事のできない、信念と信念の物語
  •  理性と本能の狭間ですれ違いを見せる恋模様
  •  男らしい「潔さ」に惚れる

 

こんばんは、氷太よ。

今日は湖水きよ先生

『かなしいどうぶつ』

を頂いていくわね!

これめちゃめちゃ物語が素晴らしいわね。

凄すぎる・・・!!

よくぞこの難しくも明確な「理性と本能」を描いたもんだと感嘆したわ。

・・・と思ってたら原作がある作品なのね。

ごめんなさい、コミック厨な氷太はちょっと分からないんだけど・・・。

「松田美優」という先生が原作者のようよ。

タイトルもお見事。

これ以上的を得たタイトルはきっとないわね・・・。

この『かなしいどうぶつ』は、人であるが故に持ち合わせている宿命を描いていく事になるわ。

f:id:hyo-ta:20161106205928p:plain

f:id:hyo-ta:20161027005439p:plain

f:id:hyo-ta:20161106202525p:plain

あらすじ 

男の俺をそんなに甘やかしてどうすんの

トラック運転手の永地は、友達のソウタが好きだ。
幼い印象は高校時代から変わらず、押しに弱くて周りに都合よく使われているのに、それを指摘すれば周りを庇う。
そんなソウタが心配で、つい干渉してしまう永地。
しかしある日、ソウタが友達に悪趣味な悪戯をされたことを知った永地は、怒りのままにソウタの体を奪い…!?

こんな感じね。

この文章の中には、軸となる本質は書かれてないわね。

本能と理性の中ですれ違いを起こしていく物語なのよ。

人って曲げれる生き方と曲げれない生き方を持ち合わせている存在。

そして生き方を曲げれないからこそ、どんどん距離が離れてしまう事もある。

この部分を見守りながら、ハラハラとする内容になっているわ。

基本的に甘い要素は全くない。

 

とはいえ主人公ライオンみたいな見た目だけど、冒頭部分からソワソワしながら相手を守ろうとする姿勢が堪らなく可愛いわ。

登場人物

f:id:hyo-ta:20161105015212p:plain

永地(表紙右)×攻め

心身共に男らしい硬派な人。

人らしく理性を持って生きるという信念を持つ。

ソウタ(表紙左)×受け

永地の同級生。

自分は汚れているという考えを持ち、真っ直ぐな永地と一定の距離を保っている。

感想

物語はまず永地の視点から綴られていくわ。

永地サイドのキーワードになってくるのが「理性」。

祖母の言いつけを守り、誰よりも誠意を持ってソウタに接するわけ。

ちなみにソウタは仲間連中から所謂パシリにされているような子なわけよ。

そんなソウタを守り、友人として色々と世話をしているわけね。

だけどもどんな人間にも黒い部分ってあるのよ。

それは永地にとっても例外じゃないの。

ソウタの仲間内を優先させるようにも取れる行動によって嫉妬に支配されてしまうのよね。

そしてここで問題になってくるのがソウタの

「嫌と言う時は嫌って言える」

ってセリフ。

嫉妬に駆られた永地は、ソウタに詰め寄るわけなんだけども・・・。

どんな状況でも「嫌」と言わなかったソウタがここで初めて「嫌だ」と言うのよね・・・。

ここの物悲しさは男なら特に理解できると思うわ・・・。

ソウタはソウタなりの信念に基づいて、永地に「嫌だ」と言ったわけなんだけどもそれは本人にしか分からないものね・・・。

永地だからこそ「嫌だ」と言ったわけなんだけどさ・・・・。

まずここでもうすれ違いが生まれてしまうのよね。

 

そして続いてソウタサイドの物語になる。

ソウタの勤務先の謎のスーパーの店長はちょっと触れないでおくわ。

この人の存在に関しては、賛否両論があると思う。

居なくても良かったんじゃねーか?と。

f:id:hyo-ta:20161106203719p:plain

ソウタのサイドのキーワードになってくるのが「白と黒」。

つまり潔白な人間か薄汚れた人間かって部分で揺れ動く事になるわ。

ソウタは自分自身をどうしようもなく薄汚い存在だと思っているわけね。

まあもうBL漫画で薄汚い人間ってどういうキャラなのかって大体の人が予想が付くわよね。

分からない人の為に記しておくとね。

そうねえ・・・カジュアルに言うと・・・。

ガバガバなの。

凄く本能的な人間って事なのよね。

初期の永地とは非常に対比されたキャラであるって事なのよね。

だからこそ、自分は汚れている存在だから真っ直ぐで潔白な永地を汚してしまう事を恐れているわけ・・・。

 

そして二人の物語に繋がっていく。

序盤の二人の関係を見た後に、それが壊れていく様子を見てこう思うはずよ。

ぶっちゃけ1番初めの関係性が理想だったんじゃね?

ってね。

そうなのよ、ここがこの物語の肝になってくるわけ。

二人がその後どんな答えを見出すのか、それを読み解くためにはこの要素が必要不可欠なのよ。

最後の結末を見届けた後、「何も変わってないじゃないか」と読み解くのは愚考よ。

そうじゃないの。

「何も変わってない状態」のようで「何が一体変わったのか」。

ここがこの物語が1番伝えたかった部分なのよね。

繊細で分かりにくいのは確か。

甘~い物語ばかり読んでる人にとっては、しっくり来ないような終わり方かもしれない。

でもね、世の中って全てが割り切れるようなものばかりじゃないのよ。

ゲームのRPGのように、勧善懲悪の概念なんか明確にないものなの。

「白と黒」、つまり理性と本能を混ざり合わせた状態で終わるこの物語はBL要素に人間の本質を徹底的に加えた見事な作品と評価せざるを得ないわ。

 

ただ物語は秀逸なんだけど、絵の部分に関しては甘さが見られるわね。

とにかくコマを細かく分割しているページが多すぎる。

結構な頻度で1つのコマで終えられる事を、あえて3コマに分けたりとかするから肝心の心が大きく動かされているであろうシーンに対する印象がかなり薄く感じてしまうわね・・・。

それとこのせいで物語進行のテンポが若干悪く感じる事も・・・。

この部分だけは、ちょっとこれから漫画を描く際に気をつけて欲しい部分かなあ。

特にこういうシリアスな漫画って、山場をいかに魅せていくかが大事になってくると思うしね。

まとめ

重く、暗く、途中のハッピーエンドになりそうもない雰囲気等、物語を描くに当たって鬼気迫るような勢いを強く感じさせる物語。

コメディが好きな人にはちょっとばかし合わないかもしれないけど、シリアスな物語が好きな人は読んで損はない作品よ!

世界一変態なスーパーの店長も、きっと読まれるのを待ってるはず。

f:id:hyo-ta:20161106210353p:plain

今回の漫画

 

関連作品