ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『お参りですよ/山本小鉄子先生』―ご近所さんの純情ラブ―

お参りですよ

お参りですよ

すでに想い出になったと思っていたのに――

見所・内容をザックリ言うと

  •  お豆腐屋さんがぶっきらぼうだけどカッコイイ
  •  お坊さんがめっちゃ純情
  •  あと一歩のところでいつも母親の邪魔が入る

こんばんは、氷太よ。

今日は山本小鉄子先生の

『お参りですよ』

を頂いていくわね!

この漫画はドラマがあってジーンと来るような深イイ話では決してないけれど

「ほぎゃあああああっ!!」

ってなる要素が満載の漫画ね!

身悶えするポイントを的確に押さえてるわ。

f:id:hyo-ta:20161108182226p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161108182246p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161108182451p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161108182630p:plain

この「試させろよ」辺りの破壊力やばい。

もうとにかく

二人が可愛い!!

中学生かよっ!!

っていうくらいのウブな恋愛模様なのよ。

安定感のある面白さがあって、大変オススメできるわね。

あらすじ

商店街の端にあるお寺のお坊さん、優慈(ゆうじ)。

可愛くてきれいな顔立ちだけど、ちょっと天然ボケな商店街のアイドルですv

そんな優慈は豆腐屋の三男坊でぶっきらぼうな三郎くんにずっと片想い中!

でもある夜、酔っぱらってうっかり告白してしまい!?

美形だけど守銭奴キチクな兄・賢慈(けんじ)に片想いの男も現れ、お坊さん兄弟の恋は大波乱!?

今度の小鉄子は、お寺で豆腐屋で商店街!?

恋になむさん!

美形お坊さんと豆腐屋の純情ラブ。

こんな感じね。 

しっかしお豆腐屋さんかあ。

食べ物屋の彼氏っていいわよねえ・・・。

職人って感じがしてさ。

氷太の片思いの彼も実は料理人なのよねえ・・・。

仕事終わりに会うとみりんの香りがしたりしちゃって堪らない。

お豆腐屋さんって大豆使うわけよね?

手繋いじゃったりしたらアタシこう考えちゃうわねきっと。

ああ・・・っ!!

この人の手から大豆イソフラボンが沁みこんで来る・・・!!

もっとぎゅっと強く握ってえええええ!!

f:id:hyo-ta:20161108184123p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161108184213p:plain

登場人物

f:id:hyo-ta:20161108204520p:plain

優慈(表紙左)×不明

眉目秀麗で人気者のお坊さん。

シャイで控えめな性格。

三郎に恋心を抱いている。

三郎(表紙右)×不明

ぶっきらぼうで男らしい性格のお豆腐屋さん。

長らく地元から離れていたが戻り、豆腐屋を継ぐ事に。

淡々としてるためこの子に関する繊細な描写は全然ない。

感想

大まかに3つの物語に分けられるわ。

  •  二人が付き合うまでの話
  •  付きあってからの話 
  •  優慈の兄貴の話

正直サブキャラの話ってスピンオフなら話は別だけど、本編の中で描かれるっていうのはアタシあんまり好きくないのよね。

だって大体は凄く薄っぺらくなるんだもん。 

だけど今作には全く当てはまらないわ。

守銭奴な兄貴とその相方がかなり面白いキャラになってるしね。

それでいて主人公である二人を食わない程度のアクの強さに留まっているのも好印象。

オメガバース漫画「ペンデュラム」なんか完全にメインCP食っちゃってたしね・・・。

あれはまあメインCPが悪いわけではなく、サブCP二人が凄い良かったからな訳なんだけども。

この兄貴達の話は素直になれない兄貴と、どこまでも真っ直ぐに追いかけてくる相方の王道とも言える話になってるわ。

 

でも今作の最大の破壊力ってやっぱり優慈と三郎が付きあってからよね~・・。

もうほんと可愛いのよ・・・!!

付きあってから初めて三郎が、豆腐を優慈の家に届けに行った時の二人の様子って言ったらもう・・・!!

ご飯三杯いけます!

っていうか二人とも食べちゃいたい・・・!

なんて言っても三郎がカッコイイのよね。

見せ場が特にあるわけではないのよ。

心に沁みこむようなセリフを吐く訳でもないの。

ただ言葉は少ないながらも、無骨で不器用な男って感じが凄いするのよね。

う~ん・・・貢いであげたい・・・!!(錯乱

 

あと印象的だったのが、三郎がお茶を優慈に買ってあげたけど優慈は

「もったいない・・・」

って思って飲まなかったシーン。

ここ、他のBL漫画でも見かけた事あるんだけどアタシはピンと来ない。

そこまで繊細に考えるものなの・・・?

皆もそうなの?

アタシは絶対にないのよねえ・・・。

いくら好きな人から買ってもらったとはいえ、それって「お茶」なのよ?

 

凄い崇高な考えだとは思うの。

ちょっと考えさせられたもの。

「もったいなくて飲めない」かあ・・・。

でもやっぱりお茶は飲むものよ。

相手も飲んで貰いたいから買ってきたわけなんだからさ。

どうしても飲めないって人はこう考えればいいのよ。

好きな人が買ってきたお茶。

そんなお茶を飲む事によって消化され、体中に行き渡り、相手の想いが隅々の細胞まで行き渡るんだって。

f:id:hyo-ta:20161108211329p:plain

 

f:id:hyo-ta:20161108211401p:plain

 

総じてこの漫画の良さを言うならば、やっぱり「身近に居そう」ってとこかしらね。

親近感が半端ない。

たぶんこういう性格の子がアナタの周りにも居ると思う。

ホモかどうかは別としてだけど。

だから特に山場がなくても、どこか感情移入しちゃってて見守りながら読んでしまっているような感覚になってしまうんだとアタシは思う。

ちょっとよ?

ちょっとだけなんだけど「こち亀」に近い性質を持っているのよ。

まとめ

アタシ絶対2巻買っちゃうなコレは・・・。

非常にバランスが取れていて、安定しているクオリティの高い作品。

強いて言うなら胸を打つようなドラマを盛り込んで頂けると尚良し。

2巻以降も良い所で三郎のお母さんの邪魔が入ってくるのかしら・・・?

f:id:hyo-ta:20161108212142p:plain

今回の漫画

 

関連作品