ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『いっしょにいこうよ山頂へ/ミナモトカズキ先生』—登る、心と共に—

この距離で充分なんだ――

見所・内容をザックリ言うと

  •  27Pで綴るホモの片思いの成就
  •  男らしい2人を少女マンガのようなトキメキ演出で描く
  •  切なさと爽やかさで一杯

こんばんは、氷太よ。

今日はミナモトカズキ先生の

『いっしょにいこうよ山頂へ』

を頂いていくわね!

 

ミナモトカズキ先生ってTLの作家さんか・・・。

全体的にホモ受けを狙ってる感が多いんだが・・・。

f:id:hyo-ta:20170420122627p:plain

 

調べてみたらリアルホモの人じゃないか。

なるほど、納得した。

f:id:hyo-ta:20170420122742p:plain

 

この漫画、短編ながらホモ目線の『男のこういう所に萌えるんです』・『ホモはこういう風に萌えるんです』っていう描写が盛り沢山。

つーかリアル過ぎぃっ!!

でもってベタベタな展開なのよね~・・・。

でもベタって良いモノよね、ニヤニヤしちゃうもの。

あらすじ

アウトドアな休日を楽しむ、部長の大森と部下の篠原。篠原は部長の熊さんみたいな笑顔が大好きで、そばにいられるこの関係だけで十分だと思っていた。デートの途中、急に山の天気が悪化し山小屋に避難することに。密室に部長と二人きりになったことに幸せを噛みしめる篠原だったが、勢い余って部長への思いをぶつけてしまい――……!

こんな感じね。

まあ簡単に言うとノンケに恋をしてしまったホモが、片思いを忍ばせるってお話。

アタシはノンケに恋をした事はないけれど、アタシの片思いの相手がノンケだと考える 

と切なさMAXになる内容ね・・・。

 

登場人物

f:id:hyo-ta:20170420124723p:plain

篠原(表紙右)×攻め

入社1週間目にして大森部長を好きになったイケメンホモ。

元々ドライな人間だったが、一転して恋する乙女に。

表紙のこの顔切ねえええええええ!!

大森(表紙左)×受け

部下達に「熊」と揶揄されるような風貌ので笑顔がまぶしい。

鈍感な性格で、人の繊細な感情には気づけない。

 

感想

わずか27ページながら、うまくコンパクトにまとめた作品よね。

展開が早いのは仕方ないけれど、違和感は特に感じなかったかな。

評価したいのはキャラクターに関しては凄く男臭いのに、演出に関しては完全に少女マンガな部分。

どっちも大好物なアタシにとっては1粒で2度美味しいアーモンドチョコレートのような一石二鳥な漫画だったわ。

『トク・・・ン』っていう古めかしい擬音語とか、足滑らせて怪我した所に都合よく山小屋があって避難する所とか、完全に昭和の少女マンガをリスペクトしてるんじゃないかとニヤッとさせる。

もうベッタベタなの、だけどそれが良い。

 

大森部長は凄く鈍感だっていうのもポイントの1つね。

そもそも始まりからして2人には山登りをする意図が違うんだもの。

大森部長にとっては自分が大好きな登山に付き合わせてる。

でも篠原はひっそりと溢れる気持ちを押さえ付けながら、片思いだけどデートのように考えている。

これ分かるわ・・・。

アタシ半年前、元彼と名古屋行って来たんだけど正にこんな感じだった・・・。

近鉄の特急に乗りながら、一緒に窓の景色を見ている時、確かにアタシはデートみたいだなって勝手に思ってたっけ・・・。

あらやだ・・・じんわり涙が出てきちゃったわ・・・。

 

ただねー、最後になればなるほど展開が早い。

もう1度言うけどページ数が少ないから仕方ないっちゃ仕方ないんだけどさ。

1点だけ言わせて頂くと、大森部長の言う『好き』と自分が抱えている『好き』は違うっていう部分を、関係が壊れるのを覚悟して伝える部分があるんだけどさ。

もうちょっとだけ・・・もうちょっとだけクローズアップして描写してくれないか。

「・・・もう全部終わりだ」って部分、コマ小さ過ぎんのよ!!

 

まあでもこれまではずっと篠原の方が可愛いなと思ってたけど、ここからは大森部長の熊さんぶりが可愛いんだよな・・・。

まあ初めから大森部長が受けなんだろうなとは思っていたけども「イケメンはずっこいな!」とか、少年らしさがあって実にイイ!!

 

しかし・・・だ。

この後山小屋ちゃんと掃除したんだろうか・・・。

 

まとめ

うん、面白い!

これが1巻通して描かれたなら・・・と惜しんでならないわ。

短髪好き・ホモ×ノンケが好きな人には堪らない内容なんじゃないかしら。

切なさと爽やかさ一杯のこの漫画、オススメよ!

f:id:hyo-ta:20170420135600p:plain

今回の漫画

 

関連作品