読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホモがBL漫画を斬るわよ!

独特の視点でBL漫画の感想を述べていく唯一無二のレビューコンテンツ

【感想】『やたもも3/はらだ先生』―幸福の定義―

アンタ、幸せなのね――

見所・内容をザックリ言うと
  •  モモ母との指輪を巡る話に決着を迎える
  •  モモがヤタちゃんに想いを打ち明けるシーンに注目!
  •  充実した収録作

 

こんばんは、氷太よ。

今日ははらだ先生の

『やたもも3』

を頂いていくわね!

1・2巻読んでない方はまずこちらへどうぞ。

 

『やたもも』もこれで終わりか~・・・。

なんだかちょっとおセンチになっちゃうわね。

アタシってさ、ビッチ物ってそんなに好きじゃないのよね。

いいな~って思う作品はあるにはあるけれど、それはネタ的な意味合いが強い訳で。

分かりやすく言うと、ブルゾンちえみって面白いけどさ、別にキャリアウーマン自体が好きな訳じゃないでしょ?

そういう事なのよ。

その点この『やたもも』は色々と振り切れている部分と調和されている部分のバランスが見事で、非常に読み応えがあった漫画だったわね。

 

ヤタちゃんになら、ボクのバージン奪われても・・・

ん~・・・。(←キスしようとしてる

f:id:hyo-ta:20170430190120p:plain

 

・・・ん?

f:id:hyo-ta:20170430190120p:plain

 

いやムリだわ、野獣過ぎる。

ケツが何個あっても足りねーわ。

f:id:hyo-ta:20170430190224p:plain

あらすじ

母との関係、指輪の行方は如何に―?モモの過去のパトロン・須田も登場してはらだ節炸裂のやたもも、大団円!「やたもも」「よるとあさの歌」のキャラ達が贅沢コラボ!な「やたももはしやすめ」同時収録

こんな感じね。

あ・・・指輪のくだり続くんや・・・。

って思ったのはアタシだけじゃないはず。

モモ母、あれっきりで終わってもまあ・・・って感じの人だしね・・・。

指輪、結局どこにあるのかしらね?

そういう描写今まで特になかったわよね? 

感想 

2巻の指輪のやりとりの続きから物語が続くわ。

そこからモモの過去の生き様とヤタちゃんに素直になれない様子が改めて紹介される。

ここまで来るとほんと昔のモモってクズだよな~とか思いながらも、それしか知らないから仕方なかったんだな~と寛容にもなれるわね・・・。 

それにしても今まで何回も見てきたけど、ヤタちゃんの絶倫具合半端なくないかしら?

アタシ男だから分かるけど、1回射精するのにも凄く体力要るものなのよ。

めっちゃめちゃ睡眠時間を要するの。

体の中で何億もの精子作るのってそんだけ大変なのよ!?

 

精子なんて、はしたないにも程があるわね!

ゴメンゴメン、ザーメン。

f:id:hyo-ta:20170430172645p:plain

 

f:id:hyo-ta:20170430172809p:plain

 

しっかしここまで描写されると、エロいとか云々よりシーツ洗うの大変だろうなぁ・・・。と考えてしまう。

やっぱりお部屋にはファブリーズとエアーフレッシュナーは常備しているんだろうか・・・?

 

そんな暴力的な和やかさから一転してまた指輪の話に戻る・・・んだが。

まさかの須田さんの登場。

アタシこのワカメ頭がどうしても好きになれないわ・・・。

あ、でも最後の子供の駄々みたいなの見てちょっと濡れた。

 

あ、案外カワイイ所あるんじゃない・・・!

須田さん今までお疲れ様でした! 

f:id:hyo-ta:20170430174130p:plain

 

そしてモモ母へ指輪を返す。

モモ母が何故指輪を付けなかったのか、これには「なるほど・・・」としか言えなかったわ。

結局、すれ違いだったのよね・・・。

人間って目に見えてる事だけが真実じゃないのに、見えている事で判断しちゃうものよね・・・。

このモモ母との話が3巻のメインなのかなと序盤思ってたんだけどたった数ページで終わってしまうこの虚無感は何だろう・・・。

言いたい事は確かにこれで充分。

母親として、子供として。

それぞれの胸の中がスッキリとするような描写なのは確かなんだけど、最低限に留めましたっていう淡白さが付きまとうわね・・・。

指輪なくても分かり合えたんでねーの・・・?ってくら淡々とした印象がちょっと残念ね。

 

だがしかし、その後の展開はなんだ。

モモがヤタちゃんへ言葉贈る部分のなんと素敵な事か・・・!

至ってシンプルな言葉なんだけど、ヤタちゃんの心に刺さるのが分かる。

これよね・・・。

これこそがBLなのよね・・・・!!

 

ただその後のヤタちゃんが

野獣じみてて怖いんだが・・・。

f:id:hyo-ta:20170430180417p:plain

 

ここは今までの『やたもも』らしさで描写してきたか~・・・。

凶暴性を感じさせるような発展描写じゃなくって、むしろここだけ甘く描いた方が逆にインパクトあったんじゃないだろうか・・・。

いややはり『やたもも』らしい余韻を残したままの方が正解なのだろうか・・・。

 

てな感じでハッピーエンドで終わり、収録されている『やたももはしやすめ』を読む。

これ『よるとあさの歌』のヨルと朝一も出てくるのよね。

外見だけは朝一好きなアタシからしたら凄く嬉しい内容!!

 

相変わらずカワイイ顔してんなオイ!!「やらないか AA」の画像検索結果

 

って興奮しているハズだったんだけどさ。

本編のハッピーエンド後から読むと

本編で感じたモモの成長ってなんだったんだ?

と首を傾げたくなるくらいクズっぷりが変わってない。

・・・うん!

時系列は明らかになってないから!

これ本編最後じゃなくって1巻くらいの時の話なんだよね!きっとそうだよね!

モモとヤタちゃんがケンカしちゃうんだけどさ。

これそりゃヤタちゃん怒るわ。

アタシの元彼、モモみたいなビッチでは全然ないんだけど「やってはいけない事」をどうしてもやってしまう性分の人でこういうケンカ何回もした事あるわ。

凄く気持ちが分かるわ~・・・!!

怒られた犬みたいになってるヤタちゃん、ご馳走様です!!

 

そんで3巻本編では完全に陰に隠れていたクリちゃんの存在が冴え渡る。

よかったねクリちゃん!最後の最後に見せ場はあったね!

 

あと『すだねこ』も収録されているわ。

須田さんの出番まだあったんか・・・。

この話にある「うんちしたい」が1番笑ったわね。

こんなの卑怯よ!

 

まとめ

2巻までに熱中できる要素があった人は読んでも楽しめるけど、そうじゃないなら微妙かもしれないわね・・・。

各キャラクター、特にモモの心情にスポットを当てたお話でスルスルとハッピーエンドに収束していくお話だからさ。

モモか、モモを支えるヤタちゃんに感情移入できないと、1つ1つの物語の動きをすくい取れないかなって思うわ。

1コマ1コマの描写は凄いんだけど、全体を通すとはらだ先生らしい重さに欠けているのは確かだもの。

アタシは楽しめたけどね。

f:id:hyo-ta:20170430185047p:plain

今回の漫画

 

関連作品