リクエストがあればお気軽に (。+・`ω・´)キリッ

ガチで読んで欲しいオススメBL漫画BEST30【2016年度版】

さあ・・・震えるがいい・・・!!

f:id:hyo-ta:20170503222932p:plain

こんばんは、氷太よ。

今日は2016年度にレビューした、もしくは購入したBL漫画達をランキング形式で紹介していくわね!

いや~・・・凄く難しかった!!

そもそも甲乙付けがたいBL漫画沢山あるんだもの・・・!

でもホモのアタシでもめちゃんこ面白いなコレ!!っていう作品を一切の妥協無く厳選してみたわ。

絶対に損はさせないような漫画達、勢ぞろいなハズよ!!

ガチで読んで欲しいオススメBL漫画BEST30【2016年度版】

BEST30~21

第30位 ロマンスコンシェルジュ

物語メインが『BがLするお手伝い』という一風変わった作品。

どう考えても無理難題な要求でも、スマートにとびきりのロマンスをお客様に与え結びつける正にサービス業の鑑。

鑑過ぎて笑える要素が多々ある超オススメ漫画。

第29位 野狐禅

野狐禅

野狐禅

キャラクターを描くと言うよりは、キャラクターの感情そのものを描いたようなサイケデリックな漫画ね。

辛く切ない『盲目の恋』を独特のテンポで描いていく。

恋って何だろう、好きって何だろうと改めて考えさせられるわ。

第28位 傷だらけの愛羅武勇

とにかく笑えるギャグセンスが冴え渡るヤンキーBL漫画よ。

数あるヤンキー漫画の中でも本格派と言わざるを得ないクオリティ。

素直になれないヤンキーと硬派過ぎるヤンキーが物語を繰り広げていく。

これがまた可愛いんだ・・・。

第27位 坊主と蜘蛛

峰倉かずや先生の『西遊記』とかが好きな方にとてもオススメ。

とても貴重なバトルファンタジーBL漫画よ。

恋愛や発展シーンも素晴らしいんだけど、戦闘や生い立ちなんかもシッカリと描かれていくわ。

乳首をいじられて感じてしまうこの坊さんに注目して欲しい。

ガタイも良くってエロかっこいい。

第26位 かえってほしいの

物語の中心部分が『セリフがない』という凄く斬新なアイデアを取り入れたサイレント漫画。

序盤の謎の情緒のある幼髪云々のお話は読み終わっても、頭の中「!?」になるけどもそれを差し控えてもリアルなホモカップルの私生活を覗き見ているようなリアリティがある。

この坊主君の可愛らしさ、半端じゃないから!

第25位 DOGS

アタシが今まで読んできたBLのキャラの中で「誰が最もノンケっぽいカップルか?」と聞かれたらこの2人。

事件を追う警察官らしい緊迫した捜査パート、パワハラ満載のBLパートと、とてもメリハリの効いているのが素晴らしい。

お互い素直じゃない性格の中、精一杯の素直さを示す最後はニヤニヤせずにはいられないわ。

第24位 いつか友達じゃなくなるとしても

友情から恋愛へと変化・自覚していく流れが素晴らしい。

その中に更に過去に取り返しの付かない出来事を起こし、負い目を感じているという設定を盛り込んだ恐らく描くのに相当苦労したであろう物語よ。

故に高校生らしい爽やかな恋愛ではなく、重く切なく涙が出そうになる悲痛さを持ち合わせているわ。

第23位 泡にもなれない恋ならば

正直言うと、表題作の良さは全然アタシには分からなかった。

注目して欲しいのは収録されている神様シリーズのお話。

不思議な力を秘めている神様が、人の恋愛の後押しをし、そして自らの幸せも見つける物語なの。

ジブリ的なじんわりとした暖かさに満ちているのよね。

ページ数的にもこっちメインなんじゃ・・・。

第22位 鬼は笑うか

鬼は笑うか

鬼は笑うか

序盤は痛い子達だなという印象。

後半は何て優しい子達なんだ・・・とホロッとする。

無力な子供達が、何も変えられないとは分かっていても、変えようとする努力を諦めない姿勢に感銘を受けるわ。

ドン引きするようなシーンもある。

だけど切れ味の鋭い思春期を描いた漫画よ。

第21位 蝶と花の関係性

この物語は世界で1番優しいSとMを描いた物語。

例え変態チックでも相手の為に何ができるのか?を真摯に考える愛に満ちた漫画なの。

ウケのセリフを一部、あえて手書きで表現している部分も素晴らしい。

正にBLのお手本とも言えるモンスター級の仕上がり。

BEST20~11

第20位 真夜中ラブアライアンス

エロ過ぎる・・・・!!

物語にひねりがある訳じゃない。

特別何か感銘を与えるような漫画でもない、

とにかく発展シーンにおける描写の完成度が高すぎる。

作家さんが生き生きとして描いたのが分かる。

あんまりそういうのが得意じゃないアタシでもそう思うんだから、好きな人は脳内爆発するんじゃないかとすら思うわ。

ちなみにアタシのお気に入りの子はヤンキーカップルの受けの方。

第19位 しるされしアイ

アタシが最も読み返している作品。

鋭く荒んだ少年が、暖かさに触れ丸みを帯びていく過程を社会人になるまで描いてくれる。

振り絞るようにして吐き出す「落っこっちまえおまえなんか」は確実に名シーン。

思春期らしい葛藤・不安、そして慎ましさのある愛に痺れるわ。

第18位 ポルノグラファー

ポルノグラファー

ポルノグラファー

神秘的で謎めいた作家と大学生のお話。

物語序盤こそ、大学生の前でひたすらセクハラ行為を行う隠語マスターかと思いきや。

アタシすっかり騙された・・・。

騙されたと自覚した時には気持ち悪さすら感じたけど、最後の最後泣いた。

真実が分かった時、印象がガラっと変わるハズ。

そう考えると、最初から最後までアタシは読み手と同時にこの大学生と同じ感情を抱かされて行った訳ね・・・。

本当に御見それ致しました。

第17位 MODS

MODS

MODS

スタイリッシュさを持ち合わせるアングラ漫画。

物語自体は王道なんだけど、この絵による演出がクサい程にアダルティックな恋愛を彩っていく。

つーか攻めの男らしさ、半端ない。

希望から絶望に落とされるシーンは圧巻の一言。

ラストの結末には心より祝福を贈りたい。

第16位 僕の先輩

僕の先輩

僕の先輩

吉本新喜劇的な古き良きを体現している漫画。

エロ要素を一切取り払っている中で、人との絆、愛すべき人、一緒にいる空間。

それらをコメディ路線でありつつも、しっかりと捉えて描きだした漫画なの。

言葉で飾ろうとする肉まん、背中で語ろうとする先輩。

全てが完璧なピュアBL漫画。

第15位 金持ち君と貧乏君

金持ち君と貧乏君

金持ち君と貧乏君

金持ちと、貧乏な子達の淡く爽やかな恋愛を描く。

掻き消されそうな儚い想いを綴る、じんわりと優しさが染み込んでくるようなほのぼのした漫画なの。

おじいさんの時を越え想いを馳せるシーンは本当に泣ける・・・。

丁寧に丁寧に描かれていて、胸がキュンとする要素が満載よ。

第14位 アケミちゃん

未来に希望が見えない、かつての同級生同士の物語。

閉塞された境遇の中、一筋の未来に賭けようとする。

だけど何かを得ようとするならば、何かを捨てなければならないわよね・・・。

希望と失意、葛藤と決心を描いていくとても大人の漫画。

最後の2人の決断は必見よ。

第13位 リンクス

リンクス

リンクス

キャラクターの描き分けがあまり上手くいっていないものの、それぞれ物語が全てのキャラクターの行く末に関わってくるというセンセーショナルな漫画。

短編集のようであって、1つの物語だなんて・・・。

素晴らしい、震える。

人は1人では生きていないんだと再確認させてくれるテーマ性を持っているわ。

巻末の4コマですら最高に面白い。

第12位 やさしいあなた・・・

やさしいあなた…

やさしいあなた…

大人の恋愛といったらコレ。

例えるならカカオ80%のチョコレート。

ほろ苦くて、幾許かの優しい甘さのある漫画。

この情緒溢れる大人ならではのやりとりの良さは、決して小娘には分からないわね・・・。

30代・・・少なくても20代中盤以降のそれなりの経験を積んだ方にこそ読んで欲しい物語なの。

愛は、お互いを見つめ合うことではなく、

ともに同じ方向を見つめることである。

この格言が正にピッタリな漫画。

第11位 永遠のボーイフレンド

永遠のボーイフレンド

永遠のボーイフレンド

愛する男の為に、身を引いたとあるオカマの物語。

脆くも逞しいその生き方に、大変号泣させて頂きました。

いじらしい・・・何ていじらしいんだ・・・。

でも笑える要素も同じくらいあるから、ただ悲しいだけでは終わらないわ。

絵は少し幼い感じだけど、心理描写も凄まじい。

BEST10~1

第10位 宇田川町で待っててよ。

初見では「なんだ変態さん達の漫画か・・・」

2回目以降は「なんだコレ・・・ドラマ以上のドラマじゃねーか・・・」

ただ読む、ではなく読み解いていくという言葉が相応しい漫画ね。

限りなく小説に近い漫画かと思うの。

とにかくストーリーに唸る事間違いないわ。

最後の最後のシーンが鳥肌が立つくらいに映え渡る。

第9位 Dear,MY GOD

Dear,MY GOD

Dear,MY GOD

これぞ朝田ねむい先生にしか描けない物語。

ジャンキーと牧師さんというキャラ設定の下、正に愛の中にある煌きと凶気を漫画化しましたと言わんばかりの内容ね。

この仄暗いダークな雰囲気が堪らないわ。

他のBLとは明らかに一線を画している。

青年誌も嗜んでいる腐女子は必ず読んで欲しい漫画ね!

第8位 コヨーテ

コヨーテ I

コヨーテ I

圧巻の画力。

ただそれだけでは終わらない。

2人の進展して行く仲、それを引き裂こうとするような現実。

暗雲しか見えない2人の運命を考えると、ハラハラせずにはいられないわ。

まさにBL版、ロミオとジュリエット。

第7位 終わらない不幸についての話

「BL漫画で1番泣いた作品何ですか?」と聞かれたらアタシはこの漫画なの。

もう目ん玉取れるんじゃないかってくらい泣いたわ。

叶うことのないであろう片思い程、辛い事ってないんじゃないかしら・・・。

そういう様子をコレでもかと描かされる。

叶わなかった片思いをした事ある人は絶対に泣くわ。

第6位 犬と欠け月

この漫画がきっかけかな。

アタシがワンコキャラ大好きになったのは。

ボクサーっていうだけでもカッコイイのに、ワンコっていう可愛さまで身につけているチートキャラが表紙の右の子です。

相手の為に努力する事、ひたむきである事、真っ直ぐである事の大切さを教えてくれる漫画。

作中1回だけ反抗するんだけど、そのシーン泣けるんだ・・・。

第5位 僕らの食卓

僕らの食卓

僕らの食卓

これ始め読んだ時困ったわ・・・。

アタシ、ショタに目覚めたのかしら・・・。

と本気で悩んだ。

たぶん目覚めちゃったんだろうなぁ・・・この漫画のせいでよぉ・・・。

この漫画の魅力はショタキャラの可愛らしさは勿論だけど、やっぱり評価すべきなのは人間の心の穴を描いていったという事ね。

「皆で食べると美味しいね」は泣くわ。

1人ではない事の幸せを恋愛と絡めて描いた傑作。

第4位 それに名前をつけるなら

それに名前をつけるなら

それに名前をつけるなら

アタシが認める数少ないノンケ物の1つ。

アタシって絶対に年上じゃないとダメっていうタイプなんだけど、コレ読んでると

「年下もありかな・・・」ってなる凄くヘタレワンコの魅力に溢れた漫画。

読めばきっとこの向日葵のような相手を照らすような姿にイチコロになるわ。

大人で子供な高校生という存在を、最も丁寧に描いていった作品ね。

ああ・・・さのちん可愛いよ・・・。

ペロペロしたい。

第3位 雷神とリーマン

長期に渡ってアタシが猛プッシュしていた漫画。

哲学的でもあり、笑いもあるっていう正に反則級の作品。

でもB達がLする・・・というよりはBと神がLIKEするって感じかしら。

発展シーンは一切ない。

ただ見ていると、これこそが恋愛の理想図なんじゃないかと思わせるような関係性なのよね~・・・。

恋愛には未だ結びついてはいない関係だけど、どんなカップルを見るよりもほっこりさせてくれるのは間違いないわ。

第2位 NIGHTS

NightS

NightS

あらかじめ謝っておくわ、ごめんなさい。

ぶっちゃけ表題作のNIGHTSの評価ではない。

読んで欲しいのは収録されている『リプライ』という漫画。

ノンケを取り扱ったBL漫画の中でぶっちぎりで説得力・リアリティ・演出全てが追随を許さない傑作ね。

ホモがノンケを好きになったらどうなるか?

それを知りたいなら全てがここに詰まっているわ。

現実はこんなにドラマティックじゃないけれど・・・想いの丈は正にコレ。

ちなみに自動車整備士って、響きだけでもエロくない?

第1位 晴れときどき、わかば荘

素晴らしいの言葉しか出ない。

わかば荘の住人それぞれのお話が描かれていくんだけど、BLという枠と取り払って考えても全てが素晴らしい。

漫画業界全体で考えても最高峰の作品、と言っても過言ではないでしょうね!

・・・やはりわかばママのお話は本当に何回見ても泣けるし考えさせられるわ。

ホモって結婚とかもできないし、1人で人生を終える可能性も高いじゃない?

誰にも見取られずに死を迎えるならば、アタシはこの漫画を読んでから死にたい。

まとめ

いかがだったかしら?満足して頂けまして?

え?「~が入ってない、やり直し」って?

f:id:hyo-ta:20170503225258p:plain

・・・コホン。ンン。

f:id:hyo-ta:20170503225320p:plain

オメーのレビューサイトじゃねーんだよ!!

f:id:hyo-ta:20170503230926p:plain

不適切な発言・表現がありました事お詫び致します。

f:id:hyo-ta:20170503231007p:plain

申し訳ないけど阿部あかね先生の作品だけは除外させて頂いたわ。

だってだって!

基本続き物だし、関連作多いしで作品単体として正当に評価できてるのか確信できなかったんだもん!!

例えば『いつもあなたのことばかり』面白い!ってランクインさせて前身の漫画である『好きというのになぜかしら』がランク外だったとしたらだよ?

好きというのになぜかしら』が面白さで劣っているのかというとそうじゃないじゃない?

同じ舞台でもある『奪われることまるごと全部』関連が劣っているかって言ったらそうじゃないじゃない?

こんなの単体として評価できる訳ないじゃないのアカネェ・・・。

ごめんなさい、妥協したくなかったの。

自分自身で疑心を生み出したくなかったの。

この要素だけはちょっと心残りだけど、ここで挙げた30作品は間違い無くアタシがオススメできる漫画なのは間違いないわよ!

要チェキ☆してみてね!

f:id:hyo-ta:20170503225558p:plain

それでは今日はこのへんで!

皆!素晴らしいBLライフを!!

f:id:hyo-ta:20170504013627p:plain

f:id:hyo-ta:20170504013706p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です