今日のセール情報をここで確認!

本日からの隣人愛/さがの 【感想】

この本の評価 【名作】
ストーリー
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
描写・美しさ
(5.0)
発展シーン
(2.0)
総合評価
(5.0)
「昔っからお前には敵わん――」
内容をザックリ言うと
  • 幼馴染同士の友情と恋愛の話
  • どこからが友情でどこからが恋なのかが繊細に描かれる
  • 勃発する三角関係の行方にハラハラドキドキ!

氷太

こんばんは、氷太よ。今日もBL漫画をぶった斬っていくわよっ!

今日はさがの先生の『本日からの隣人愛』を頂いていくわね!

ああ~↑坊主頭が堪らないんじゃ~^^

アタシすんごく萌えるのよ、坊主頭。

BLではあんまり見かけないのが残念なのよね~・・・!

 

昔『ランナウェイ』ってドラマあったのよ、市原隼人主演のやつ。

 

この時の塚本高史めちゃんこ男前だったのよ!

こんなの!ひゃあああああ!かっこいい!!

全然タイプじゃなかったのに、坊主にした瞬間ドストライクに変貌する・・・。

坊主って凄い、坊主って怖いわ・・・!!

 

あ、かずきは帰ってどうぞ。

 

この表紙に描かれているフランクフルトの食べ方。

ここにあざとさを感じるのはアタシだけではないはず。

そう考えるとこの坊主頭の子の視線が意味深に見えてくる不思議。

さ、読んでいこうかしらね。

本日からの隣人愛 レビュー

あらすじ
幸太は、アレを舐めてみたくて仕方がない!! 悶々とする日々のなか、野球部のキャプテンで女子にモテる幼なじみの清志のモノがデカいと聞き興味津々に。しかし「舐めさせてくれ」なんて頼めるわけもなく、ついに我慢できず、自分で自分のを舐めてみよう! と試みるが、あと少しのところで、清志に見られてしまい――!? ほか、ちょっとマニアックな短編も収録♪

登場人物

ニラ(表紙左)×攻め
筋骨逞しい大人系野球部主将。

常日頃から幸太に対し過保護とも言えるような行動をしている。

幸太(表紙右)×受け
妄想力逞しい愛され系おバカさん。

とにかくモテる幼馴染のニラとチビな自分を比べ、劣等感を持っている。

感想

・・・・・・は!?

 

ってなるような制御不能な方向に進んでいく所が、青春ぽくてカワイイわね。

個人的にすげえなこの漫画って思ったのが、あらすじにもある「舐めさせてくれ」なんて頼めるわけもなく、ついに我慢できず、自分で自分のを舐めてみよう!と試みるの部分・・・!!

 

・・・・。

 

 

ヨイショっと・・・どれどれ・・・。

 

何ナニをナニしようとしてんだオラァッ!!

 

あのね、皆生えてないだろうから、アタシが代表して言わせて貰うわ。

これ実戦しなくても分かるわ、届くハズがねえッ!

ギリで・・・とかじゃなく余裕で届かねーから!

となると・・・体が柔らかいのか、異常にデカいのかどっちなんだコレは。

 

物語は幸太の自分の嗜好の悩みから始まるわ。

女性が好きだけど、男の棒を舐めたい。

そんな願望を秘めているようね。

 

バイの子の悩み・・・って感じかな。

だから表紙でもフランクフルト食ってんのか。

そりゃこんな男前が近くに居たらペロペロしたくもなるよな!!

 

と思いきやそうでもないらしい。

特別な感情はまだ抱いていないようね。

しかし、共通の野球部の連れから「ニラは超デカい」との情報を仕入れ、意識してしまう事に。

 

何だこの男子校を舞台としたようなホモ臭い漫画は・・・。

嫌いじゃない、むしろ全然あり。

ただニラに舐めさせてなんてお願いできる訳もない。

 

だが教師の授業内容からある事を思いつく。

そうだ、頼めないのであれば「自分で自分のを舐めればいいじゃない!」

・・・この子アホなのかな?

『よるとあさの歌』の朝一みたいなモンキー系アホやこの子。

可愛いじゃないか・・・ジュルリ。

 

帰宅後風呂に入り、入念なストレッチ・・・。

どうやら自分で自分のを咥えるシーンにアタシは立ち会っているらしい。

・・・届くのか?届くのか?

つーか一体どんな描写になるんだ!?

 

 

 

えええええええええええええええ!!!!

 

ここ、自分の目で確かめて欲しい。

精一杯頑張っている幸太を応援してやって欲しい。

その後リストカットしてもおかしくない出来事が起こるけど。

ニラが侵入して来るのよね・・・可哀想に。

もう来世で頑張れって感じだわ・・・アタシだったらもう生きていけない。

 

その後の展開は・・・・。

まあ軽発展とでも名づけておこうかしら。

絡み程度にクチュクチュし合う。

 

でも何かイイな・・・!!

グッと来るものがあるわ。

やっぱ幼馴染ってデカイわ!

 

この幼馴染同士の背徳感と程良い男臭さ漂う雰囲気・・・。

基本的には白塗りだから、直接的な描写がない訳なんだけどこの作家さん表情描くのがお上手ね。

ただ『舐める』っていうのが物語の核心部分でもある訳で。

白塗りに修正されたのかそもそも白塗りで描いたのかは分からないんだけど、いくら表情が上手でもその核心部分をぼかしてしまっているのは如何なものなのか・・・。

 

あんまり発展シーンを重視しないアタシでもそう思うって事は、確実に重視する人からすると満足出来ないであろう出来栄えね・・・。

うーんココ残念ね~・・・もったいない。

物語の運び方もキャラクターも、演出も非常に優等生なのに・・・。

 

この1話こそは、単に「舐めさせてもらう」っていう部分を描いたに過ぎないの。

BLとしての本番は2話目からになるわ。

夜に散歩中に「失恋した」との事で泣きながら犬を散歩しているオッサン少年に出会う。

 

何故登場時だけ髭を生やしているのか謎。

でもこの子もめっちゃ可愛いわ・・・。

しかもめちゃめちゃ今後のBL路線のお話の超重要な人物になってくる。

この子の失恋の相談に乗っている間、幸太は「恋」に関して自問自答する事に。

 

意外だったわ・・・。

こんな友情と恋愛の違いって何か?とか繊細な気持ちに関するものも描いていくのね・・・。

『泣くほどの好きって凄い』か・・・。

 

そうよね、アタシも本当にそう思う。

両想いであろうが、片想いであろうがさ。

誰かのしている事に一喜一憂して、誰かを想って涙を流せるって凄い事なのよね実は。

 

アタシも、アタシのこの片想いも・・・。

約10年ものこの想いも・・・、叶わなかったとしても後悔だけはないようにしたいわね・・・。

何だろう、こんなに恋に関して丁寧に描かれているなんて思わなかったわ。

ちょっとおセンチな気持ちになっちゃった。

しんみりさせちゃったわね!メンゴ!

 

その後、この少年とはまさかの所で再会を果たす。

まあだろうなって感じではあるけども、今までのこの子の恋愛に関する気持ちを知ってしまっているからさ。

この子の見せる表情や仕草に胸が痛むわ。

 

あー!もうっ!!

どうして恋愛って全員が幸せになるシステムじゃないのよぉっ!!

泣きそう・・・泣きそう・・・・。

まとめ

いやーすっごく良かったわ!

すっかりファンになりましたぞ!さがの先生よ!

高校生の描き方、恋模様、心の揺れ動き・・・。

 

とにかくクオリティが高い。

それだけに白塗りされてるのがホント惜しいな~・・・。

高校生の真っ直ぐな恋愛、恋の芽生えが見たい方にはマジでオススメよ!

スピンオフ漫画、描いてくれないかしら!!

氷太

大変美味しゅうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です