今日のセール情報をここで確認!

あちらこちらぼくら②/たなと 【感想】

この本の評価 【オススメ】
ストーリー
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
描写・美しさ
(5.0)
発展シーン
(1.0)
総合評価
(4.0)

まずは試し読みで内容を見てみる

この作家のレビューを一覧で見る

「つまんねえんだよな、お前がいないと——」
内容をザックリ言うと
  • 正反対の2人による2年生中盤から3年生へ進級するまでの話
  • 恋なのか?それとも友情なのか?その微妙な関係にヤキモキする
  • 何気ない日常の1コマにある心の揺れ動きの演出に注目!

氷太

こんばんは、氷太よ。今日もBL漫画をぶった斬っていくわよっ!

今日はたなと先生の『あちらこちらぼくら②』を頂いていくわね!

たなと先生、ほんっと画力がめちゃめちゃ上がったわよねぇ・・・。

顔のパーツは相変わらず皆同じに見えるけど。

 

さて・・・この漫画は小学館の新青年コミック誌「ヒバナ」で連載されている漫画。

ぶっちゃけこの物語は雰囲気BLなの?それともマジもんのBLなの?

そう疑問を感じる内容だった1巻。

 

故にこの2巻の内容が今後を左右する重要な内容に違いない!

そう思い込んで読んだんだけど・・・。

悲報、まだ雰囲気BLなのかガチなのか分からない——。

何よ・・・何なのよ!バクッと食って食われちまいなさいよサッサと!!

あちらこちらぼくら② レビュー

あらすじ
ちぐはぐ男子高校生交流日記、待望の続刊!地味めボウズ・園木くんと、派手で悪目立ちぎみのヤンキー・真嶋くん。同じクラスでも住む世界が違うふたり……のはずだったんだけど、なんやかんやで修学旅行つるんだり、お家で一緒に勉強したりする仲に!?季節は夏から秋へ。うっすら本格化する受験勉強、気づけば迫ってるクラス替えの季節。いままで通りまったりつるむことも少なくなって、ちょっぴり距離感がかわっていくふたりだけど…!? ふたりはもちろん、地味OR派手な同級生たちも相当かわいい、ちぐはぐ高校生男子・いったりきたり交流日記!

登場人物

真嶋(表紙右)
相変わらず園木を振り回す自由奔放なB型のような少年。
園木(表紙左)
今作では良い奥様っぷりが発揮されるA型のような少年。

感想

う~ん・・・1巻と比べてそんなに変わってないような感じもするなぁ。

お互いの過去を語り合った分、距離が近づいたのは間違いないんだけど・・・。

それが恋愛方面へとはまだ結びついてないわね。

 

作中、ところどころあるのよ?

その行動、絶対に友人にはやらねーだろ!ってシーンがさ。

どう考えても恋愛感情ないとその行動はしねーわよ!ってツッコミたくなる部分がさ。

 

でも、当の本人にはまだまだ自覚がないのよねぇ~。

やっとこさ園木が「アレ?」と思い始めたくらい。

ちょっと意外だったのが、真嶋よりも先に園木の方が自分と向き合うのよね。

ただまだまだ全然足りないけど、それが恋だとは思いもしてないけど。

 

ここらへんがね~、良い意味でヤキモキするのよね。

恋愛感情抜きにしても男の友情と捉えても演出が秀逸だから、このまま進んで貰っても面白いとは思うんだけど・・・。

ただこのサイト、BL漫画の批評ブログなのよね。

困るわ~、扱いに本当に困るっ!!

 

この2巻では修学旅行の話から、3年生になった所までが描かれるわ。

正直、正直この修学旅行の話は何を描きたいのか全く分からなかったわ。

2人を中心にって言うよりも、サブキャラ登場の為の話みたいで・・・。

出典twisave.com

正にこの言葉がしっくり来る。

 

とにかく今作、登場するキャラが多い。

コイツ、必要——?

そう疑問に感じてしまうような、薄味のキャラクターばかり。

 

そんで中にはBLっぽさを醸し出してくる奴らも居るんだけど・・・。

やはり「いや・・・お前誰だよ」となってしまい、逆に冷めてしまった。

だって背景分かんねーもん、何か別作品に出て来たキャラなの?ってくらい前提が描かれない。

 

あー、こりゃちょっとキツいなーと読み進めていく。

その後もちょっとキツかったけど、その後は基本的に2人に焦点を当てた話になる。

良かった・・・!どうやら雨が降って地が固まったようね・・・!!

 

勉強したり、バレンタイン・ホワイトデーを行ったり、クラス替えの事を考えたり・・・。

恐らく読んでてこう思うハズよ。

もうさ、付き合っちまえよ!むしろ何で付き合わねーのよっ!!

分からないわ~、だけどそれがイイッ!!

 

気持ち的にはね、多分教室でじゃれ合ってるクラスの男子を見てるような心境になると思うの。

多分よ?アタシはじゃれ合ってる男子側の人間だから、傍観者の気持ちは分からないけど。

んああーっ!!〇〇の雄っぱい最高ぉおおおおおっ!!

って感じで、やましさ全開でじゃれ合ってた人間だから。

パラダイスかよあの時代、戻りてええええええええ!!

 

でも意外だったのは、2人の過去の部分かな。

1巻最後に、真嶋の過去に物凄い事があったんだなーと臭わせる終わり方だったわよね。

物語のどこかで一気にシリアスな話になるんだろうな~と思ってたんだけど、結構サッパリ描かれる。

 

勿論全部描かれたわけじゃないし、解決している話じゃないし・・・。

真嶋だけじゃなくって園木にもまだまだ明かされてない過去があるんだろうけど・・・。

拍子抜けするくらい、軽めに描かれるわ。

 

でもアタシはこのくらいでむしろ良かったんじゃないかって思うのよ。

重く、暗く語り合う・・・それはこの2人の関係性を考えると相応しくないもの。

青春を謳歌している少年たちの話には、似つかわしくない。

このまま爽やかに過ごして行って欲しい、願うならばネットリと共に。

【コミックシーモア】素人ヤンキー♂危機一発!!
【コミックシーモア】手中に落としていいですか

まとめ

やっぱり感情の揺れ動きを表現するのが上手ね~・・・。

読み返してみると「あっ・・・ここそういう事だったんだ」って新しい発見もあったりする。

ただBL要素はジリジリと、ほんの僅かに進んでる極遅ペース。

そろそろ・・・さすがにそろそろ大きな変化が欲しいわね。

次巻もこの調子だとマンネリ感は否めないんじゃないだろうか?

氷太

美味しゅうございました!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です