今日のセール情報をここで確認!

BANBA BURGER / 村上キャンプ 【感想】

この本の評価 【名作】
ストーリー
(5.0)
読みやすさ
(4.0)
描写・美しさ
(4.0)
発展シーン
(3.5)
総合評価
(4.5)
「好きな人に好きって言えるの初めてだ——」
内容をザックリ言うと
  • 時系列を逆転させ、どうして2人がくっつく事になったのか?を描いていく
  • 真逆ともいえる2人の性格が、絶妙なサジ加減のすれ違いを見せる
  • 時折心が通った瞬間のそれぞれの反応が可愛過ぎる。

氷太

こんばんは、氷太よ。今日もBL漫画をぶった斬っていくわよっ!

今日は村上キャンプ先生の『BANBA BURGER』を頂いていくわね!

んもう・・・超面白かった・・・!!

村上キャンプ先生には大変申し訳ないんだけど、絵はすっごく下手なのよね。

 

でも・・・何だろう・・・久々に物凄くドキマギとしたわ。

キャーッ!!チラッ・・・ホギャアアアア!!ってなるのよ。

何でアタシ今まで読まなかったのかしら・・・・!!

 

この漫画の恋愛って、本当に不器用なの。

でも、一生懸命なのよねぇ・・・だから応援したくなるのかしら。

アタシもこんな恋愛したいな~と思ったけど、年単位のお話だから却下。

こちとらお勤め品よ?ナメんじゃないわよ!命短し恋せよオカマよ。

BANBA BURGER レビュー

あらすじ
肉汁たっぷりジューシィーなこの恋は、真面目な男をバカにする。

――バンバ・バーガーのシェフである元ボクサーの蜂谷は、一見何を考えているのかわからない寡黙で無表情な男。社交的な若きオーナー・番場は、そんな蜂谷と距離を縮めたいと思っていた。蜂谷のアメリカ修行を目前とした夜、二人は初めて飲みに出掛ける。そして、番場は大発見をする――……。

蜂谷の頭はいつでも番場への性的な妄想で埋め尽くされていた。

登場人物

蜂谷(表紙左)×攻め
元ボクサーの素晴らしい肉体をお持ち(描写はほとんどない)の寡黙な男。
本来無愛想である事と、加えて番場を意識してしまう事で「ッス」しか言えない。

うまくコミュニケーションが取れない事に悩んでいる。

番場(表紙右)×受け
蜂谷の働く店のオーナーをしている童顔系美男子。
蜂谷に想いを忍ばせているが、嫌われていると思い込んでいる。

感想

まずシナリオ構成が変わっているわね。

元々は読み切りだったのかしら・・・?

時系列で言うとプロローグが最終話の1つ前。

そこから2人の出会いに遡り、順を追って最終話に行きつく流れになるわ。

 

この手法、凄く良いわね・・・!

もっとも、1話目で読者を引き付ける事ができないとお話しにならない諸刃の剣だと思うけども。

 

1話目から2人の人となりと、それぞれの不器用さが上手に演出されているわ。

寡黙な蜂谷はさておいて、話上手な番場の気持ちを描くのは相当難しかったに違いない。

もうね、凄くぎこちない空気が伝わってくるのよ2人のやりとりから。

相性が良いとは決して言えず、誰がどう見てもくっつきそうに思えないの。

 

ここからどういうドンデン返しが生まれるんや・・・?

とゴクリと生唾とGokuri グレープフルーツ味を飲みながら見守っていたら・・・。

蜂谷さん、ジャンボソーセージを買ってきてとんでもないお願いを番場にする。

 

アタシこのシーン見た瞬間笑ったわ。

でも、笑ったんだけど「あ・・・」と引いてしまっている自分も居たのね。

何や・・・この漫画コメディなんか・・・って。

でもお見事よ・・・、たった1コマでその流れをブッタ切るんだもの。

 

えええ!ここからどうなるの・・・!?ってなった時点で、蜂谷はアメリカに修行に行く。

ここからしばらくはそれまで蜂谷が抱えていた気持ちを振り返るお話になるの。

お預け状態よ、ネットリと焦らしやがるの・・・!(憤怒

だが、それがまた良いのよ。

 

2人のそれまでの背景が描かれるの。

人知れず零して来た涙、叶わなかった夢、信じたい物。

時たま「おや?」と思うようなギャグ路線のお話を織り交ぜながら、歯車がかみ合わない2人を描かれていく。

 

こりゃー恋愛に発展しませんわ・・・!

というかそれ以前に、友情すら芽生える気配もない。

よくあるすれ違いじゃなくって、マジで相性が悪いんだなって思ったわ。

2人に欠点があっての事じゃないんだけどね。

お互いコミュニケーションを取ろうにも、どうやって取ればいいのか分からないのよね。

 

でも、たま~にあるのよ・・・!

2人の気持ちが重なり合うような瞬間が・・・。

今や・・!今押し倒すんや・・・!って瞬間がさ。

ここよ!ここがホントに堪らないのよ!!

 

特にアタシの心が鷲掴みにされて破裂したシーンは、蜂谷が番場にハンバーガー作ったシーン。

番場は照れていたけど、アタシだったらここ泣いてるわね・・・。

ここ、ただ作ってあげただけじゃないのよ。

蜂谷にはある理由・ある思惑があって、番場に作ってあげてるのよ。

 

頬を赤く染めながら「なんてね。」っていう蜂谷がクッソ可愛い!

もうブリブリブリィイイイ!!ってなるくらいカワイイのよ・・・!!

普段からこんな事する子じゃないの。

こんな事をスマートにできるような器用なメンズじゃないのよ!!

 

こりゃ番場さんもイチコロですわ・・・。

そりゃ蜂谷がアメリカから帰ってくるのも待つわ。

結末自体は予想通りの内容だっただけど・・・。

それまでの2人が耐え忍んで来た思いを考えたら、安易な結末じゃなくってそうあって欲しい理想的な終わり方だったわ。

もしかしたら途中で終わるんじゃないかと思ってたから・・・安心した。

 

【コミックシーモア】素人ヤンキー♂危機一発!!
【コミックシーモア】手中に落としていいですか

まとめ

恋愛ってやっぱり良いものよね、久々に改めてそう思ったわ。

笑える事も、切なくなる事もあって・・・恋をするって成長する事なのねきっと。

やっぱり誰かの為に何かを頑張れるって、本当に素敵な事なんだなって思わせてくれる物凄く良い漫画だった。

間違いなく今年読んだBL漫画で5本の指に入る内容だったわ。

氷太

大変美味しゅうございました!

今回の漫画

関連漫画

関連記事

君はきれいだよ 【感想】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です