今日のセール情報をここで確認!

何故女性はBLにハマって腐女子になってしまうのか。BLの魅力とは?

氷太

こんばんは、氷太よ。今日はBL漫画をぶった斬らないわよっ!

 

一定の層にしかまだまだ受け入れられていないBL。

腐男子なんて言葉も出てるものの、そんなのアタシからしたらタダのホモ予備軍に過ぎないわ。

「キモい」「腐女子が読むもの」、世間の認識は冷たいまま・・・。

まだまだ幅が広がってるとは到底言えないわ。

 

そこで今回は原点回帰して、今一度考えてみようと思うの。

アタシ達が普段読んでいるBLって一体何なのか?

アタシはホモだけど、女性の考えが分かるわけではないわ。

ある1つの可能性・・・として、アタシの主張を聞いて貰えれば構わない。

 

女性の支持を得ているのはロマンスが詰まっているから

男の場合、ワケの分からない物を好む事があるわ。

誰がどう考えてもゴミのようにしか見えないものでも、大切にしている事だって大いにある。

じゃあ女性が好む物は何なのか?それは美しい物よ。

それがBLに一体どう絡んでいくのか?それを説明していくわね。

 

BLとは女性の理想が詰まった恋愛である

BLはボーイズラブの事、つまり男同士の恋愛を描いた物語。

このジャンルの発端はそもそも女性が作り出したもの。

そして今も尚、女性作家が主軸となって作り出されているものなのよね。

ここで質問を出しましょうかね。

 

男と女は思考も形態も本質的に異なる生き物。

なのに何故女性に男性同士の恋愛を生み出す事が出来るのかしら?

 

ホモは自分がホモであるという事実を隠しながら社会で生きているわ。

実際のホモカップルをモチーフにして描くには、余りにも作品数が多すぎる。

一体答えは何なのか?それは『妄想』以外に他ならないのよ。

 

では一体、妄想の原動力となっているのは何か?

それはその人の願望なのよね。

つまりまず生み出されるものは、その人の願望を美しく表現したものになるのよ。

 

そして商業的に作られた漫画に近づけば近づく程・・・。

その人の基準を超え『女性ならでは』基準の願望を美しく表現していく事になるの。

ここらへんも男側からの批難の対象になっているように思えるわね。

 

そもそも男同士の恋愛ってのだけでも胸につかえるものがあるのにも関わらず、更に幻想的という言葉が相応しい程にキレイな恋愛が描かれるワケだからね。

まあ男同士の恋愛が気持ち悪いっていうのは、アタシはホモだけど理解は示すわ。

きっとそれって本能だと思うのよ、アタシが百合物に対して抱く感情ときっと一緒なのよ。

 

でも現実じゃあり得ないような恋愛が描かれるのはお互い様よ。

現に男性に受け入れられやすい漫画ってハーレム物や萌え系だもの。

 

もしネットとかで「BL読んでる腐女子キモい」とか書かれてても何も気にする事ないのよ。

キャベツがレタスに向かって「お前は野菜だ!」って言ってるようなもんだから。

アイツらはアイツらで願望が詰まった物読んで腐ってんだから。

むしろアタシは自分は腐っていると自覚している女性側の方が凄いと思うわ。

 

BLとは非日常的な禁断の恋愛である

異性間の恋愛なら半分は実態を分かっているハズなのに・・・。

何故男性同士の恋愛を描こうとするのかしら?

 

ここには願望とは別の『女性ならでは』の要素があるわ。

禁断の愛って、男に比べて女性の方が好む傾向にあるの。

じゃあ何で女性って禁断の愛を好むのか?

アタシなりに考えてみたわ。

 

フィジカルの強さって男性の方が圧倒的に強いわよね?

そんな男性は女性に比べると、力や体力を求められる作業を強いられている。

そう考えると普段から追い込まれる事の多い男性は、恋愛に対して刺激ではなく安らぎを求めるのよね。

 

一方女性は恋愛に対して何を求めるのか?

アタシが考えるのは刺激よ。コレは日常的に女性が楽をしているって事じゃないわよ。

むしろ男性よりもメンタルの強さに長けた女性だからこそ、安らぎを求める男性に対し相手の求める平穏をちゃんと提供できちゃうのよ。

例えそれが、自分の意志に反していたとしてもね。

 

そんな風に抑圧して役割を演じて生きていたら、刺激的な出来事が欲しくもなるわよね。

その中でも禁断の恋が好きなのよね。

刺激的であり、一層ドラマチックに美しく演出され『プラトニックさ』を問われる物語だから。

 

BLとは同性キャラの邪魔のない恋愛である

あとはここかな~って思うのよね。

上記2つの要素だと、別に少女漫画でもあるっちゃあるのよね。

別にBLじゃなければならない理由はどこにもないのよ。

 

だけど少女漫画ってヒロインがどうしても存在するものなのよね。

当たり前よね、ヒロインが居なかったら少女要素ないもの。

ヒロインの存在なくして少女漫画は成り立たないわ。

でも、ここが時に障害になってくるのよね。

 

お相手の男性は女性の憧れを投影させたキャラクターだとしても・・・。

『女性ならでは』を詰め込んだ見事なキャラクターを詰め込んだとしても・・・。

同性であるヒロインに共感できるかどうかって問題が出てくるのよ。

 

ここばっかは『女性ならでは』が通用しないわ。

ヒロインの起こす行動、放つセリフ、そして思考・・・。

全てがどうにも鼻について、邪魔で仕方ない時ってあるもの。

アタシですらたまに「このド腐れマンコがっ!」って思う時あるもの。

 

でもBLにはそれが一切ないのよね。

何故なら主人公も、ヒロインも男だから。

勿論そのキャラクターの好き嫌いはあれど、自分の持ち合わせている『女性ならでは』が介入する余地がないのよ。

だから純粋に、そこで描かれている気持ちに没頭する事ができるのよね。

 

BLとは『傍観者』へ向けた物語である

男性向けコンテンツと最も異なるのがこの部分。

アタシ、本当に女性ってスゴイなって思うのよ。

 

男性向けのコンテンツって、漫画でもゲームでも自己投影させるような存在になっているわ。

所謂、主人公補正ってヤツね。これこそが『男ならでは』になるの。

何故か知らんけどモテて、何故か知らんけど特別な能力を持ってて・・・。

『実は普通じゃない』って存在なの、そこに自分を重ねて感情移入するのよね。

 

だけれども、さっきも言ったようにBLは男同士の恋愛模様。

読み手である女性が、自己投影する余地はないのよね。

あくまでも『他人の恋愛』なのよ。

 

だからもどかしく、中々前に進まない展開でもかなり許容出来てしまうの。

むしろ楽しめてしまうのよ。

 

現実世界では決して垣間見る事のできない恋愛を覗き見しているような臨場感。

そしてその臨場感と共にある『見守る事しかできない』という無力感。

自己投影を許されないからこそ純粋に、心情をより理解し、心を痛め、胸躍らせる事ができる。

そんな傍観者として読み進めた先に、腐女子がよく使う言葉「尊い」が放たれるのよ。

 

つまりBLの魅力とは?

簡単に言うとボーイズラブとは女性にとって、かなり減点対象の少ないジャンルなのよね。

女性が求める男性像を作り、それら男性同士が物語に沿って恋愛をする。

だからあくまで傍観者に留まり「私ならこうするのに」という不満が生まれない。

つまりBLは「面白くない」と思わせる要素が少ないのよね。

 

だから基本的に満足度が高いのよ。失敗する事が少ないの。

だからと言って、何でも面白い訳ではないけれどね。

加点対象はあくまで物語次第。

普通の漫画のように如何に胸を揺さぶる事ができるのかにかかってくるんだから。

 

自分に腐女子要素があるかどうか確認する方法

個人的にだけど・・・BLって妄想が根底にあるものだからさ。

普段から妄想癖がある人って、多分その要素があるんじゃないかなって思うのよね。

 

どこにだって居るわよね?「この人ってホモなのかなぁ」っていう人。

その人を嫌悪する事なく、その人のプライベートな事まで考えてたらもうビンゴだと思うわ。

目覚めていないだけ、きっとまだまだ強くなれるよ!

 

BLなのか普通の漫画なのか、その境界線上に位置する漫画を読んでみるのもアリかもね。

そうね・・・アタシは以下の2つの漫画をテストとしてオススメするわね。

このレベルの漫画で嫌悪しちゃうのなら、その要素は絶対にないわ。

まとめ

実はBLって実態を考えると物凄い人間性の高い人達が読んでる本なのよね。

だって自分が加入する余地のない恋愛模様を・・・。

丸っ切り他者の恋愛の行く末の幸せの願って読むものなんもの。

もはや映画やドラマと一緒のレベルなのよ、もうちょっと受け入れられても良いハズなのよ。

 

アタシはホモだから、男だけど男じゃなく女じゃないけど女な部分を持ち合わせているわ。

でもそれはどっちの気持ちも理解できるって事じゃない。

どっちの気持ちも曖昧にしか分からないって事なのよ。

 

そんなアタシが分析したこの結果を、腐女子が見たら何て言うのかしら。

「それは違うよ!」って苗木誠みたいに言うのかしら・・・。

でも女性じゃないからこそ見えるものってあるわよね。

完璧じゃないにしろ、この分析が的を得ている事もあると思うわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です