リクエストがあればお気軽に (。+・`ω・´)キリッ

本橋兄弟2 【感想】

この本の評価 【普通】
ストーリー
(3.5)
読みやすさ
(3.0)
描写・美しさ
(3.0)
発展シーン
(1.0)
総合評価
(3.5)
まるで宝石・・・僕は今トレジャーハンターだ——。
内容をザックリ言うと
  • 相変わらずの緩い世界観
  • 要司さんがメインと言っても過言じゃない程の優遇っぷり
  • シリアスな一面も描かれる

氷太

こんばんは、氷太よ。今日もBL漫画をぶった斬っていくわよっ!

今日はRENA先生の『本橋兄弟2巻』を頂いていくわね!

最近全然BLチェックしてなかったから知らなかったんだけど・・・。

アタシは偶然にも発売日同日に購入したようね・・・!

 

それよりもBL漫画界を牽引しているRENTAでは販売されてないのによ?

ひかりTVブックでは販売されてる事に恐れおののいたわ。

この感覚、分かるかしら・・・?

酔うと自動販売機と相撲をとってたような人間だった高見盛が、今は親方になって立派に教育をしている感じ・・・に近いかしらね。

 

まあでもBL漫画・・・とは言い切れないものね、RENA先生の漫画って。

扱いが難しいのよねぇ・・・本屋さんとか一体どうしてるのかしら。

どこらへんの本棚に置かれるのか想像も付かないわ。

ギャグ路線のBL漫画なのか、それともBL風味のギャグ漫画なのか・・・。

 

これって同じように見えて全然違うわよ。

カレー味のウンコとウンコ味のカレー、全然違うでしょ?

「・・・同じやんけ。」と思ったなら、人間用じゃない病院行ってきなさい。

さて、レビューしていくとしましょうかね。

本橋兄弟2  レビュー

あらすじ
兄弟の家にストーカーの要司さんが引越してきて三人暮らしをすることに…!?
アリへの愛が異常な弟、変態のストーカー、こだわりが特殊な腐女子、超美形な男の娘…
ヘンテコな仲間と過ごす、かけがえのないラブリー&クレイジーな日々!

この世界にマトモなヤツは、いない…。

感想

1巻に比べて、大分薄まったかな~ってのが正直な印象かな。

1巻に関してはそれぞれのキャラクターが受け持つ役割を、できるだけ均等に、そして明確に実行していたように感じていたのだけれど・・・。

 

この2巻に関しては完全にオーナー:要司さんが主人公です!

 

物語の大筋は要司に始まり、要司に終わる。

今までは見せる事のなかったイケメン☆ヨウジを見る事ができる。

良かったね!ただの変態じゃなかったんだね!

要司さんの過去の話とか誰トクだよと思ってたら、中々良い話だったわ。

 

本当にどうでも良い理由から要司さんが家を飛び出す所から物語は始まるわ。

この筋骨逞しいオッサンが本橋家に向かって走ってるだけで何故か笑える。

 

そんで、何を誤ったか本橋家で暮らす事になる。

生暖かく迎える本橋兄弟、神やでぇ!!

アタシだったら「オッラァッ!」と胴回し回転蹴り食らわせるわね。

そんな訳で要司さんの比率が高くなり、クローズアップされる事は仕方ない事なのよ。

 

でもコレは凄く良い要素だったとアタシは思うのよ。

要司さん、進化してるもの。

ただの変態からクソカッコいい変態に進化してるもの。

 

そんで学校に行っている時には要司さんが出ない代わりに、腐女子とみちゃんの存在がキラリと輝く。

アタシ、凄いとみちゃんのファンだから査定が甘くなってるのかもしれないけれど、とみちゃんも進化しているわ。

もう完全な腐女子と分かっているから、1巻程のインパクトはないものの、とんでもなくコダワリを持った腐女子っぷりが描かれる。

 

要司さん、とみちゃんに関しては文句の付け所がない。

しっかりコンセプトが固まっていて、描きたい事を描いているように感じるのよ。

だがそれ以外のキャラ、テメーらはダメだ。

 

まず主人公の貴也、元気無さ過ぎィッ!!

唯一のツッコミ役であるお前が、シュールなツッコミをしてどうする!?

1巻からそんなテンションだったか!?違うだろう!?

 

貴也の役割は大事よ!?この漫画の肝よ!?

周りがボケているのに・・・これじゃツッコミ役じゃなくて「ただのやさしいおにいちゃん」になってるじゃないの。

笑っていいともの素人コーナーに出てくる素人そのものよ!?

恋のから騒ぎに出てくる奴らみたいに、もう一皮二皮ズル剥けにならないとダメよ!

 

お次に智也、1巻では非常にシュールなボケが光っていたけれど・・・。

2巻の智也は、ただの頭のオカシイ子になってる。

この2巻の智也は、致命的にクソ面白くない。

 

まあ・・・ここはちょっとRENA先生に同情するわね・・・。

アタシ、1巻の時点から思ってた。

いつしか智也の取り扱いに苦労する日が来るだろうと。

 

シュールって、本当に難しいわよ?

毒舌や自虐で笑いを取る事より、遥かに難しい。

そうポンポンとダイレクトヒットするような笑いを提供するのは、芸人でも不可能だわ。

 

アタシ思うんだけど・・・智也はボケとツッコミを兼任したらどう?

貴也ならこうツッコムんだろうけど、智也はこうツッコミますみたいな、対比させても面白いんじゃないかしら。

ツッコミにだってシュール路線、あるんだからさ。

 

そんで1番の問題はメグね・・・!

この子のコンセプトが本当にアタシには分からないわ・・・。

女装っていうのが1番の強みなんだけど、それは常時出せる要素じゃない。

1冊の中で1回の話にだけ使われる程度なのよね。

 

だけどこれじゃキャラとして弱すぎない?

周りが濃いから薄く見えるんじゃなくって、そもそも薄いのよめぐのキャラ設定が。

 

女装をすれば笑いが生み出せるわけでもない。

不思議キャラに行くのかと思えばそうでもない。

毒舌キャラかと思えばそんな事はない。

 

コンセプトが全然固まってないのよ。

居るじゃない?出番少ないのに強烈な人気を誇るキャラって。

そのポテンシャルがあるとは思うんだけど、全然居る意味を感じないのよね。

牡丹と薔薇の小沢真珠みたいなキャラで行けば良かったのに・・・。

何をやらせても中途半端な仕上がりとしか言いようがない。

 

あとは本橋兄弟は笑いの部分と人情の部分とで構成されている漫画。

その人情の部分もねー・・・。

「あ~・・・狙ってんなぁ~」ってなっちゃう所もあるのよね。

 

例えば智也のバスケを応援しに行くシーンなんかはそれを感じちゃったわ。

だって今まで、バスケしている弟を応援してます!みたいな描写1個もなかったじゃない。

でも最後の引退試合はああやって応援するんかよ・・・ってちょっと引いちゃったわ。

 

悪くない、全然悪くないのよ。

でもコレは男女の感性の違いなのかしらね~・・・。

普段見向きもしないクセに、オリンピックの時だけ応援するみたいなミーハー感があるの。

 

弟の最後の引退試合の事だから、分からんでもないけど・・・。

な~んかもうちょっと、そういうのも盛り込んで欲しかったわね。

美味しい所を美味しいように描く事が、人情を表現する術ではないわ。

人って意外と泥を被って毎日を生きているものだもの。

まとめ

要司さんに限っては完全に加速。

とみちゃん自体も面白さはちょっと失速したけど、腐女子として加速。

でも他の要素に関しては、完全に失速している・・・そんな感じかしらね。

かなり辛口に書いたけど、肩の力を入れずに息抜きに見るには凄く良いとは思うわ。

 

まあでも、1巻の時点で既に合わなかったのであれば止めといた方がいいわね。

この2巻ではその感性を覆すようなミラクルは起きっこない。

 

ただ個人的にはとみちゃんが腐女子として凄く良い事を言ってるのよね。

とみ「腐女子は見たいものが循環すんねん」

ここ!ここだけは本当に読んで欲しいと願うわ。

氷太

ご馳走様でした!

関連記事

本橋兄弟 【感想】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です